ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年09月17日 (水) | 編集 |
パーティーは新六合目にある宝永山荘に到着した。

2,493メートルまで登ってきた。
出発した水ヶ塚公園の標高が1,450メートルだから、
丁度1,000メートルくらい登ったことになる。
この時、私はまだまだ元気だった
10580144_682132475214686_898296288003549350_n.jpg

だからラーメンなんぞを食していた。
山でガッツリ食べない私にしては珍しいことだった。
しかも富士宮焼きそばと迷いに迷っていた
14928_682132538548013_1454033600749140696_n.jpg

この山荘を出る直前、私は少し頭痛がした。
でも気のせいだと思っていた。
後から考えると、既にこの辺りから体はおかしかったのだと思う。

宝永山荘から、登りはキツクなっていく。
10687018_689975657763701_3787288880325105871_n.jpg

でも、まだまだ写真を撮る余裕があった。
遥か下に見える雲海を愛でながら、愛鷹連峰に見惚れながら登っていた。
10551015_689975751097025_2623908223852432130_n.jpg

でも、足は徐々に重くなっていった。
お腹にはガスが溜まりだしていた。
でも、私は絶対にてっぺんに行けると信じていた。
一途に信じていた。

故Yちゃんを偲ぶ富士登山だもん
絶対に神様は登らせてくれるはず
その証拠にこんな素晴らしい天気に恵まれたもの


天気予報が直前にいい方向に変わったのは、天の配剤と思っていた。

新七合目にある御来光山荘が見えてきた。標高は2,780メートル・・・・・。
僅か300メートル標高を上げただけなのに、私はかなり消耗していた。
10660375_689975777763689_5458567794470715391_n.jpg

決して速いとは云えないパーティーの足取りに、
私は徐々に置いていかれるようになっていた。
でも、この時点でも私は一途に信じていた。
このまま山頂へ行けると信じていた。
私は冷静ではなかった。きちんとした判断が出来なくなっていた。
10678818_689975811097019_6070373832513676268_n.jpg

高山病になると少し思考能力も低下するのかもしれませんね。
ただ、高山病以前に私は冷静さを欠いていたように思います。
マラソンでもそうなのですが、完走するのに必要なのは、
アグレッシブさと、それをコントロールするクールさです。
一途に思い詰めすぎると失敗するという好事例ですね。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。