ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独を感じる時
2014年01月23日 (木) | 編集 |
孤独ってどんな時に感じますか

昨日に引き続き、今日も『相棒』ネタです。
話の中で水谷豊さん演じる杉下右京警部は、
『孤独の研究』という小説を書きます。
その文章がナレーションとして流れていまして。
正確な文章ではないと思いますが、
孤独についてこう説明していました。

孤独は山の中で感じるのではない。
むしろ都会においてこそ感じるものだ。


この感覚はよく分る。
ひとりでお酒を呑んでいる時、私は孤独を感じない。
でも大勢で呑んでいると、堪らなく淋しさを感じる。
結局たくさんの人といても、自分は交われない
何となく異物だという感覚があるんですよね。
ゲスト出演の尾美としのりさん演じる毒島(ぶすじま)幸一は、
人と交われない孤独を、ずぅーっと感じて生きてきた淋しい人。
その彼が犬を介して話をするうちに親しくなった隣人の女性を、
秘かに愛するようになった。でも、彼はその女性から、
『自分を殺して』『アル(女性の愛犬)をお願い』と頼まれる。
彼の罪は、殺人ではなく自殺幇助に当たるのだろうか?

彼女から託されたアルが亡くなり、
彼は紅茶という共通項を通じて知り合った右京に近付く。
おそらく自分を逮捕してもらうために・・・・。
警察は彼女の恋人のミステリー作家を逮捕しており、
彼は黙っていれば、その罪が暴かれることはなかった。
右京の相棒である甲斐は、毒島に問いかける。

何故、杉下さんに自ら近付いたのか?
それは女性から託されたアルが亡くなったからか?と・・・・


毒島の答えを聞き、私は涙した。

自分を理解してくれる人と出会ったから、だからだと

勿論、女性から託された愛犬アルの死もあっただろう。
でも彼を動かしたのは、自分を理解してくれる人との出会い。
たとえ犯罪者として捕まってもいいから、
右京さんと共に過ごし、話をしてみたかった。
そういう彼の気持ちが痛いほどに伝わってきた。

前の記事に毒島はミステリーの批評家だと書いた。
でも彼は批評を仕事をしているわけではなく、
ミステリーの書評をネット上に書き綴っているだけ。
優越感を得るために書評をしている・・・・
そういう風に話の中では語られていたけれど、
私はこの部分については、ちょっと違うなと思った。

以前、人の根源的な欲求について学んだことがあった。
社会的動物である人の根源的な欲求、それは表現をする欲求
毒島の書評はそれに他ならなかったのだと思っている。
自分が存在していることを、ただ第三者に分って欲しかったのだ・・・・
私にはそのように感じられた。

冤罪で服役中のミステリー作家は、
毒島の叫びをきちんと受け止めていた。
彼は毒島に酷評されても、彼を不快に思っていなかった。
むしろそこまで自分の文章を一言一句に至るまで、
きちんと読んでくれている人だと認識していた。
彼は服役中でありながら、毒島に認めてもらえるような作品を
必死に書いていた。それを右京と甲斐に告げられる。

毒島は右京と甲斐に伴われ自首する。
彼はずっと自分が孤独だと思っていた。
でも、彼と心が通じるものは実は存在していたのである。

犬と紅茶は裏切らない

そう言いながらも、ずっと自分を理解してくれる誰かを熱望していた。
彼の孤独は案外誰でもが感じているものだと思う。私も感じている。
彼と違うのは、猫と珈琲は裏切らない
と言っている点かな(笑)

ちょっと孤独について思うところがあり、長々と書かせていただきました。
私はここにいる、それを分って欲しいだけ・・・・
そんな気持ちを抱えて生きている人はたくさんいます。
でも、きっと誰かがあなたの存在に気付いている
「右京さんの友達」という話から、そんなメッセージを受取りました。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
なんだか,とっても共感して読んでしまいました。
その回の相棒はまだレコーダーの中…なので,こんどじっくりと見てみたいと思います。

私も,孤独を感じやすく,また表現したい欲求が強いタイプです。そんなこともあって,中学・高校という思春期には小説っぽいものを書いていたりもしました。。(汗)
今も,何か思うとそれをどこかに記したいと思うことがよくありますが,フェイスブックもmixiも強制的に読まされる読者がいることを思ったり,あるいはできれば知られたくない人がいたりで,なかなか思ったことを素直に吐き出せないことが多いです。
なので,トマさんの日記を読むと,よく考えさせてもらったり,共感させてもらったり…。
いつもいただくばかりで,何もお返しできないのがつらいですが…。
2014/01/23(木) 13:44:23 | URL | さら #-[ 編集]
こんばんは♪
「孤独」、生きている以上永遠のテーマに思います。どんなに家族、友人、恋人がいても感じるときはあるし、その強弱や感じる周期など自分で操れたらどんなに楽か(^^;)

トマちゃんの体重が少し回復したようでよかったです^^
うちの茶トラは好酸球皮膚炎とかいう耳慣れない病気にかかり、もう3ヶ月抗生物質の注射とステロイドの服薬を続けているんです。完治はしないようで、投薬をやめると血液検査の結果が悪くなるんですが、副作用も怖いので定期的に休薬しながらずっと付き合っていくことになりそうです(;;)

車椅子での通院お疲れ様でした!道路のちょっとした段差や傾斜が本当に大変なんですよね。バリアフリーを謳う医院や施設は多いけれど、実際行ってみると動きづらい場所ばかりなのが現実。やっぱり肩身も狭いし・・。
うちは内科、眼科、皮膚科は往診。整形は往診がないのだけど、介護保険を使って低料金で乗れる介護タクシーを契約しています^^

お父様に合った良いデイケアが見つかるといいですね♪
初めはてんやわんやですが、いろいろ整えばしばらくは楽です。身体壊さぬ程度にがんばってくださいね。
ブログのリンクはOKです。ありがとうございます~(^^)
2014/01/23(木) 22:50:51 | URL | nyankohime #-[ 編集]
録画してみるのを楽しみにしているので、ストーリーの所は読まないようにしました。ごめんなさい。
孤独を感じるってテーマで、書きますね。
母が無くなって葬儀社の車で家に連れ帰った時、暗い穴の中に落っことされて光が見えないって感じがしました。こんな奈落の底は初めてでした。
これが孤独なのかな?
違うのかな?

夫婦仲が上手くいかなくなった時、
一人でいるより、夫と一緒に部屋にいる時に孤独を感じました。
それで、離婚に踏み切れた。

両方とも私の中で感じ方は違うんだけど、表現すると孤独かなあ。
2014/01/24(金) 11:20:36 | URL | 福桃 #-[ 編集]
☆さらさんへ
お返事遅くなってごめんなさいm(__)m
そして、記事に共感してくださってありがとう。
孤独を感じやすい人ほど、誰かと常に一緒に行動するそうです。
そういう意味では、私は違うのかもしれません。
割とひとりが平気だし、むしろひとりになりたがる傾向があります。
多分、ひとりになれる環境がないからかも^^;
だからひとりカフェやひとりランチが大好きなのです。
ランもひとりで黙々と走っているのが好きだしねぇ~(笑)
まあ、ただ単に私が他の人より遅いだけですが・・・・。

小説を書いていたんですか?
私もかつて書こうと考えたことがあります。
でも・・・・ダメでした。
才能がありませんでしたね。
本当は文章を書く仕事をしたかったけれど、
幼い時から素晴らしい文章を読んで育ったせいなのか、
自分の文章の拙さに嫌気が差してしまいました。
今はキャラとまったく乖離した仕事をしております。
確かにどこに書いても何らかの差し障りはありますからね。
お気持ちはよぉ~く分かりますよ!!
2014/02/05(水) 23:29:37 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
☆nyankohimeさんへ
お返事が遅くなってごめんなさいねm(__)m
そしてリンクをご了承いただきありがとうございます(^o^)丿

孤独は生きている以上は永遠のテーマ・・・・
確かにそうですね。
孤独とどう向き合い、どう付き合っていくかで、
人生の幅が違ってくるように思います。
若い時はきちんと向き合うことも、付き合うことも出来ず、
今思うと随分とつまらない日々を送っていたように思います。
もう少し上手に付き合えていれば、私の人生ももっと違ったものだったかもね。
でも、それも私の人生だし、今はいい感じだからヨシとします。

デイケアのこととか、いろいろ心配してくれてありがとう。
3月くらいからちょっとずつ変えていこうと思っています。
それよりnyankohimeさんのPMS、大分ヒドイみたいだね。
私も結構ヒドイから分かるよぉ~。
精神的に不安定だったり、疲れていたりすると悪化するから、
まずは十分な休養が大事です。しっかり睡眠を取ってください。
そして寝られないことを、あまり気にしないようにしてね。
気にするとかえって眠れなくなるから。
2014/02/05(水) 23:38:56 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
☆福桃さんへ
亀なレスで申し訳ないですぅ~m(__)m
そうだった!福桃さんは録画して観る派でしたよね。
私は録画しても観ないで終わるので、結構その時間に観る派です。

一緒にいるのに淋しいって、とっても辛いですね。
そういう時って、いっそ一人の方がいいと思うものです。
正にそれこそ孤独ですよ!

お母様とのお別れに際して感じたのも孤独かな。
当たり前に存在していたものを失う喪失感もあったかも。
いずれにしろ淋しくて堪らなかったんですよね?

私は淋しいってことが分かる人って好きです。
そういう人は優しいと思うから。
2014/02/05(水) 23:46:57 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。