ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
朝から諍い
2014年01月14日 (火) | 編集 |
今朝、出掛ける直前にあった。

うーん・・・・多分そろそろあるとは思っていた。
我慢にはおのずと限界があるからねぇ~。
因みに私は諍いの当事者ではない・・・・。

我が家にはいろいろ問題がある。
それぞれがいい時には表面化しないが、
ちょっと状況が悪化すると出てくる。
膿のようなものだから、
この際思いっきり出てしまった方がいいのかも・・・・とも思う。
しかし出たら最後って感じもある。
一番問題なのが想像力の欠如かな。
少し相手(この相手とは私ではない)の気持ちを慮って欲しいのだが・・・・。

私は子どもの頃から、大人であることを状況的に求められてきた。
我慢することは当たり前、自分の気持ちは封じ込めるべき
というのが、幼い私が生きていくために獲得したスタンスであった。
このスタンスからの脱却が、私のここ数年のテーマであった。
そのおかげかもしれないが、私は状況が変わっても意外と大丈夫である。

イサナは 私に迷惑を掛けている と思い込んでいるようだが、
私は特にそんな事は思っていない。
(ただ、完璧を求められるのは困るけどね)
それに今まで家族のためにいろいろやってきたのだから、
今度はやってもらう番だと思えばいい。
自力で出来ることは一生懸命しているから、
実はそんなに手は掛かっていないとも思っている。

ただ、私と違って母のリョウちゃんはそう思えない。
性格的なものもあるのだろう。
私は幸せはしてもらうものだとか、つかむものだとは思っていない。
幸せは感じるものだと思っている。
してもらおうとか、つかむとか思っていると、
状況が変わってしまうと不幸になる。
でも、感じるものと思っていると、不思議とハッピーな気分になる。
勿論、そうはなかなか思えない時もあるけどね。
リョウちゃんは自分で自分を不幸にしている・・・・と思う。
そして、その考え方がイサナを追い込む。
してもらおうとばかり思っている人は、してやったと思ってしまう。
してあげられる自分が幸せだとは思えないのだろう。
だから、自分が役に立っていない
家族にとって厄介な邪魔者だ

そう思ってしまうイサナの傷心に気付かない。

リョウちゃんの気持ちもまったく分からないわけではない。
ただ、現段階ではイサナのメンタルの方が心配だ。
ということで、早急に対応策を考えなければならない。

重い内容ですみません
まあ、いろいろあるんですよねぇ~。
つくづく心理の勉強をしておいてヨカッタと思う今日この頃
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/01/14(火) 17:49:33 | | #[ 編集]
難しいですね
こんにちは。
うちもいろいろ諍いあります。
メンタルの問題は正解がないから難しいですね。
何か自分はまだまだ必要な人間だと感じられる仕事を見つけてあげられたらとずっと考えているのですが、なかなか。
伝えてくれないから、分かってあげられないところもあります。
心のお勉強…私もしようかなと思いました。
2014/01/14(火) 23:33:39 | URL | だだ #-[ 編集]
☆鍵コメさま
お返事遅くなってごめんなさいm(__)m
そうなんだよねぇ~。
介護ってする方もされる方も大変だと思う。
私は今のところ元気だけど、リョウちゃんは既に・・・・かも。
私はたまたま両親と同居してるし、兄のヒロシも近所だし、
二人ともたまたま結婚していないから、
自分の配偶者や義父母への遠慮ってのは皆無。
それだけでもかなり気持ち的には楽なんだと思うよぉ~。
結婚していて、自分の実家の両親が遠方だと本当に悩むと思う。
私も結婚してないし、自分の老後が心配だわ・・・・^^;
将来は同じくシングルの友人と同居しちゃおうかしら。
多分、これからそういう家族も増えるんじゃないかしらぁ~。
2014/01/21(火) 00:02:52 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
☆だださま(*^_^*)
お返事遅くなってごめんなさいm(__)m
早速のご訪問ありがとうございます(*^_^*)
家族って他人じゃないから難しいですよね。
他人だったら切り捨てることだって出来るけど、
家族はそうはいかないしね。
確かに自分は必要とされているんだと実感できるといいですよね。
私はいてくれるだけでいいんだよ、と言いたいんだけど、
今の段階でそれを言ってもどうなんだろうって考えちゃってます^^;
心理の勉強は自分自身を保つためにもいいかもしれませんね。
介護の現場にもカウンセラーやセラピストが必要だと思う今日この頃です。
あっ、だださんのブログをリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
2014/01/21(火) 00:10:21 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する