ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2014年01月12日 (日) | 編集 |
入院中の11月にイサナは後期高齢者となった。

平たく言うと満75歳になったのだ。
その後期高齢者医療保険料の納付通知書が、市の方から送付されてきた。
金額を見て・・・・かなりビックリ
大袈裟でなく我が目を疑った・・・・。
だって後期高齢者になったら、保険料負担がイキナリ増えてるんだもん
しかも1~2月中に10万円を超える保険料を払えという内容なんだもん
そんな出費を予定していなかったから、頭を抱えているのです
因みに10万円を超える保険料は11月以降3月までの5ヶ月分です。
1ヶ月あたりにすると・・・・2万円超
お金の話なんかしたくないけど、こういう時に親を自分の扶養に出来ない
稼ぎの悪い自分を恥ずかしく思うのです

あと保険会社からもらえる入院給付金・・・・
確実にいただける額と、イサナの入院時に掛かった医療費を比較したら、
医療費の方が多かった・・・・
まあ、これはほぼトントンというところかな
問題は不確実な給付の方でして、これは保険会社との闘いになりそう
頑張らないといけないけど、こういう方面の頑張りは苦手

他にも考えなければいけないことが山ほどあって、私はかなり疲れ気味
実は年末からずぅーっと微熱が続いていて、非常にしんどいのです。
年末年始休暇時は頑張って走りに行ったりしたけど、今はとても無理です。
イサナもここ数日かなりの不調で、足が大分弱ってしまいました
歩けなくなるのがコワイ
そう言って不調ながらも少しでもリハビリをしています。
一日リハビリをサボると、取り戻すのに10日掛かるそうです。

我が家の態勢も、イサナにとって必ずしもベストではありません。
もう少し何とか出来ないのかなぁ~・・・・。
ハード面ももちろんそうなのですが、ソフト面にかなり問題がある
と思っております。ハード面はプロや介護用品で何とかなりますが、
ソフト面は・・・・家族の寄り添いようだと思っています。
その面があまりにお粗末かなぁ~って
ただこればかりは、私ひとりがそう思っていてもどうにもなりませんからね。
心理学で言うところの、過去と他人は変えられない ですよ。
変えられるのは自分自身と、これからの未来だけ・・・・。
じゃあ、私自身がどう変われば状況が良くなるの
自問自答を繰り返す日々です。
そもそも私がこんなに悩んでいることを、家族の誰も知りません・・・・。

こんな中で唯一明るい材料は、トマの経過が非常に順調であることです。
今日も抗癌剤治療を受けてきましたが、非常に元気でございますよ
主治医に体重の減少のみが気になるとお話ししましたが、
トマはまだ痩せても大丈夫みたい・・・・。
4キロくらいでも、多分ちょっと痩せ気味くらいなんでしょうね。
トマ・・・・この抗癌剤治療を見越して、ダイナマイトボディだったのかも
病院の帰りに大量の猫さまご飯を仕入れてきました。
トマが好きなサーモン入りのウェットフードも仕入れてきたし、
しばらく手を変え品を変えで、しっかりご飯を食べていただくつもりです。
今日はもう遅いのでこの辺で

トマは2月までこの調子を保てたら、しばらく休薬することになりそうです。
明日はイサナの訪問リハビリの日です。私は明日こそ家でゆっくりします。
寒中見舞いもまだ書けておりませんので、書きながら家事をやります。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する