ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
シンクロニティ(共時性)について その2
2013年10月23日 (水) | 編集 |
私は出会いや別れの場面で、
特にシンクロニティを意識する。


猫たちとの出会いなど、
シンクロニティの最たるものかもしれない。
茶々丸とはたまたまいつもと違う時間に帰宅して出会った。
田実とは瀬戸の招き猫まつりで遭遇してしまった。
私が保護したわけではなく、たまたま成り行きで我が家にやって来た。
しかし、これらは本当にたまたまであったのだろうか?
出会うべくして出会ったのではないだろうか?
そこに何らかの意味を見出すならば、それはシンクロニティかもしれない。

ちょっと興味を持ってネットで検索された方は、
私の言う眉唾な感じも分ったかな
オカルトとか超常現象の分野で語られていたりするから、
ちょっと胡散臭いですよね
私がシンクロニティについて知ったのは、
ごくごく真面目な心理学についての講演だったのだが、
むしろネット上では違う分野で一人歩きしている感じがする。
元々の提唱者があのユング博士なのにね・・・・。

R叔母の逝去に関しては、たくさんのシンクロニティを感じた。
昨日書いた電話の前に突然に目が覚めたのもひとつ。
そしてFacebookに関することもある。
叔母の逝去の数日前、私は何の気なしにFacebookで検索をした。
そんな事は今までしたことも、やろうと思ったこともなかったのに、
従兄Mの名前を検索したのだ。
たまたまヒットしたので、何となく友人申請をした。
そして叔母が亡くなった時、私はその事を書き込んだ。
今度は従兄Mが必ず見てくれるであろうことを確信して・・・・。
従兄Mは見てくれた。出張先で叔母の逝去をFacebookで知ったのだ。
何かの力が作用したとしか思えないような偶然だった。

そして、叔母のお通夜の日。
私は朝から大忙しだった。
もしかしてお通夜への列席は無理かもしれない・・・・。
半分くらい諦めていた。
朝食後は愛車ランバ・ラル号に乗って、父の病院へ急いだ。
外出許可を取って通夜に列席する父のために、
参列用の服を届けたり、9月分の病院代の支払いなどをしてきた。
帰宅後はシャワーを浴び、昼食も取らずに今度はトマを病院へ。
本当は翌日が予約日だったが、叔母の告別式となったため、
急遽前日の2時に変えてもらったのだ。
電車とタクシーを乗り継いで、雨を心配しながらの通院だった。
この日はある重い決意をしての通院だった。
私はこのまま週1ペースの通院が続くなら、
もうトマの治療を打ち切ろうと考えていたのだ。
でも、トマの治療は2週間に1度となった。

2週間に1度、それとても決して楽ではないけれど、
私はいろいろ追い詰められていた。
正直、助かったと思った。
トマの命は勿論、自分の心も壊れずに済んだ。
もし週1が続いていたら、私はトマの治療を打ち切り、
その事が終生トラウマになるだろうと思っていた。
トマの治療は割りと早く終わり、
自分が思っていたより早い帰宅となった。
おかげで私はお通夜にも列席できた。
気付けば心配していた雨を、私は上手に避けていた。

翌日の告別式。
これから荼毘に伏される叔母と、最後のお別れをした。
叔母の顔を撫でながら、私は知らず知らずのうちにその言葉を発していた。

叔母さん、ありがとう・・・・

何に対するありがとうだったのか?
今まで可愛がってくれたことに対するもの?
勿論それもあったと思う。それは間違いない
でもそれだけではなかったように思う。

私は叔母に救われたように感じていたのかもしれない。

自分のことなのに、かもしれないとしか言えないのは情けないけれど、
誰でも自分のその時々の感情を正しくは認識していない。
特に私はTA(交流分析)で言うところの
感じるなの禁止令を強烈に持っているから。

私がその頃に抱いていた追い詰められ感は、
実は半端ではなかった。
自分の全てを否定されたかのように感じていたし、
自分で自分をかなり否定していた。
叔母はそんな私の気持ちを少し軽くしてくれた。

大丈夫上手くいくこともあるから

確かに前日は全てのことが上手く運んでいた。
あれは叔母が私のためにしてくれたことだったのか・・・・
勿論、全て単なる偶然だったのかもしれない。
でも私はその偶然に意味を見出し、今後についての希望が持てた。
もしかしてシンクロニティとは言えないかもしれないが、
それならそれで構わない。
でも、私は意味のある偶然だったと思っている。

愛するR叔母に心からの感謝を。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する