ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2013年10月04日 (金) | 編集 |
昨日はイサナの妹 R叔母のお見舞いに行った。

イサナが気にしているので、とにかく行った。
職場からは地下鉄を乗り継げば30分ちょっとで行ける。
水曜日にしっかり睡眠を取っていたから行く元気があった。
M叔父(R叔母の夫)も丁度居合わせて、
叔母に促されて病状を私に説明してくれた。
一生懸命説明してくれる叔父を見て、私は涙が出そうになった。
叔父が辛そうだったから・・・・。
平気な風を装っていたけど、とっても辛そうだったから。
叔母も気丈には振舞っていたけれど、
心はそれこそ千々に乱れていただろう。
分っている、覚悟しているというような言葉もあって、
私の方が実はうろたえてしまった。
なんて自分は情けないのだろう・・・・つくづく思った。
四十路を迎えて久しいのに、なんて覚悟がないのだろう。
私という人間は本当にダメだ!なっていない・・・・

トマがリンパ腫と診断を受けてから、あと10日ほどで2ヶ月になる。
この2ヶ月、精神的なダメージは半端ではなかった。
次から次へと不測の事態が起こった。
でも、私はなるべく平静を装ってきた。
泣いてどうにかなるなら、私はいくらでも泣くけれど、
泣いたところでどうにもなりはしない。
でも、昨日は少し泣きたくなった。

松島ハーフ、もはや走りにいくという感じではない。
私は故郷に癒してもらいに行く。
私は今、心底仙台に帰りたい
今いる場所からちょっと離れたい。
必死に何かと戦い続けてきたけれど、疲れてしまった。
心が荒む前に、心に潤いを与えてやろうと思う。
それくらい自分を甘やかしても、罰は当たるまい

イサナとR叔母、このあに いもうとの気丈さには負けた気がする。
もちろん勝ち負けではないのだが、自分は本当に情けない。
そんな気持ちをリセットするためにも、私は松島に行くんだ
やはり戦中、戦後を生き抜いてきたあに いもうとは強いね。
ヒロシと私は全然ダメだ。
こんなにダメダメじゃあ、親世代に心配ばかり掛けてしまう。

正直な話、自分に相棒的存在がいないのはしんどい。
黙って傍にいてくれる人がいたら、どんなにいいだろう。
少しは心が軽くなっただろうに・・・・。
身の不徳のいたすところかな?
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する