ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
それぞれの状況
2013年09月02日 (月) | 編集 |
ご心配、労いのメッセージを
たくさんの方からいただきました


まずはありがとうございます<(_ _)>
自分たち家族を気に掛けてくださる方々の存在は、
とってもとっても励みになります。
そして、こうやってブログで現状のご報告をすることで、
冷静になれたり、客観的判断が出来たりします。
やはりブログを続けていてヨカッタと思います。
そういう風に思えるのは、ご訪問してくださる皆様のおかげです。
重ねて御礼申し上げます<(_ _)>

まず、私はちょっと疲れてはおりますが元気ですよ
生活のペースを変えることにちょっと苦労をしておりますが・・・・。
私はともかく母のリョウちゃんが心配です
毎日のように病院に行かなくてもいいよと言っても、
何だかんだとほぼ毎日行っております。
正直長丁場ですから、頑張りすぎると乗り切れません。
リョウちゃんに倒れられると、私が本当に踏ん張れなくなるので、
病院に行くのは週3回までにするようにお願いしようかな・・・・。
リョウちゃんは80歳、電車とバスを乗り継いでの病院通いは、
結構体に堪えていると思います。

さて、父のイサナですがちょっと病状は落ち着きました。
このまま順調に推移し、リハビリ病棟の方に移ることが出来たら、
私も少しは安心出来ます。
27日に出来得る限り強い薬を使用したものの、
功を奏さず翌日には梗塞の症状が進行しておりました。
主治医も難しい顔をしており、コチラもかなり不安になりました。
28日には同じくらいの効力のある別の薬を使用し、
それで様子を観ることになりました。
その薬が幸いなことに効いてくれ、病状は安定しました。
呂律が回らず聞き取りにくかった喋りも、かなり改善致しました。
少し気が抜けて、私も一気に疲れが出ました。
イサナは個室に入っているので、室内なら携帯電話の使用はOK
電話をしたり、メールをしたりするのもリハビリになります。
個室は少々お高いですが、お金をたくさん払うだけの価値がありますね

そしてトマちゃん。
トマは副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)を処方されていますが、
どんどんその使用量は減っております。
当初は1日2錠の投薬でしたが、今では1錠になっており、
したがってその副作用と言われる食欲の増進も、少々落ち着きました。
でも、相変わらずその頼もしい食欲は健在
3ニャンの中で一番たくさん食べています
多分体型が体型だから、病気って云っても信じてもらえないかも・・・・
くしゃみはほとんどなくなりましたが、涙目と洟水はまだ収まっていません。
少し気になるのはあまり活発に動かないこと。
抗癌剤の作用なのか?イサナの不在で不安を感じているのか?
その辺はちょっと分りません。
治療が思った以上の成果を上げているのは、
今の私にとって心の張りとなっております。
田実&茶々丸コンビは、相変わらずですが、
最近留守番ばかりなので、ちょっと淋しさを感じているようです。
思えばトマ以下の子たちは、あまり長時間の留守番経験がありません。
淋しさがストレスにならないよう、気を配ってあげたいと思います。

日常から突然に非日常に突き落とされると、
どうしても慌てたり、現状を嘆き悲しんだりしがちですが、
落ち着いて自分を取り戻せば、必ず突破口はあるものだ
というかそう信じたい。決して楽観しているわけではないけれど、
徒に悲観して絶望することは、厳に慎みたいと思う。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する