ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年06月21日 (金) | 編集 |
早々に梅雨入りをしたはずなのに・・・・
その名のとおりまるで水無月


だったのに、今週に入ってから急に雨が降り出しましたね。
場所によっては降り過ぎで、土砂災害の危険性も
何事もほどよいのがいいですよねぇ~。

本日は二十四節気の夏至。
一年で一番昼が長い日です。
【げし】っていう言葉の響きがいいですよねぇ~。
美しいし、なんだか神秘的な感じがします。
冬至と言えばかぼちゃだけど、夏至の場合は、
特にその日に決まった何かをいただく風習はないみたい。
関西地方はタコを食べたりするそうですが・・・・(^^)

二十四節気ではないですが、夏至の11日後に当たる
半夏生【はんげしょう】も美しいですよねぇ~。
その名の由来は、半夏という植物が生ずる時期だからとか、
その植物の葉がまるで化粧をしているように半分白くなる頃だから
とも言われているそう。
名の由来も面白いけど、その日から5日間を忌日としているが
興味深いですね。多分体調を崩しやすい時期だから、
気を付けるようにという戒め、古人の生活の知恵でしょうね。
農作業で疲れた体を休め、胃腸に優しいものを食べるというのが、
この半夏生という時期だったのでしょう。
しかし、ハンゲってのは、どういう妖怪なんだろうか?
まあハンゲが徘徊するから家でジッとしていなさい
という方便に使われているんだろうけど、姿形が気になる・・・・
どなたかご存知だったら教えて下さいませ

そうそう、水無月だった。
皆さん、水無月ってお菓子をご存知ですか?
京都を中心とする関西地方ではポピュラーなものだそう。
6月30日の夏越の大祓【なごしのおおはらえ】にいただく和菓子だそうです。
三角に切ったういろうに小豆を乗せたもので、
三角のういろうは暑気払いの氷を表し、
小豆は悪霊除けのおまじないなんだとか。
デパ地下でも関西系の和菓子屋さんにはありました。
折角なんでたねやさんで予約してきました
29日に神社にお参りしがてら、取りに行ってこようと思っています
夏越の大祓といったら茅の輪くぐりですもんね。

いよいよ明日は乗鞍へ向かいます。
走るのは日曜日ですが、受付が前日なので。
ラン仲間と美鈴荘という温泉宿に泊まります
名古屋から応援に来てくれる友人もいますので、
完走は難しいですが、とにかく行けるところまでは行こうと思います
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。