ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
出来ないから楽しい
2012年11月07日 (水) | 編集 |
私はいろんな事が大好き
でも・・・・何をやっても人より上手じゃない


幼い頃は特に顕著だったかなぁ~。
私は体は大きかったけど3月生まれ。
それだけ同級生との差が大きかった。
一言で言えば・・・・大変にとろかった
幼稚園に入園した時、字が読めなかったのは私くらいだった。
右と左の区別も付かなかったし、時計の見方も分らなかった。
お金の価値も分らなかった。
100円1枚と10円5枚なら、後者の方が価値があると思っていた。
そして私は非常に手先が不器用だった・・・・。
お絵描きをやらせても、絵はどうしようもなく下手
学芸会で役をもらっても、ろくにその役をこなせずに降板させられた。
運動神経も極めて鈍く、中学のスポーツテストでは努力賞しかもらっていない。
自転車に乗れるようになったのも、小学校2年生くらいだったかな?

人がどう思っているのかは知らないけれど、
私は本当に人よりいろいろな面で劣った人間。
でも、多分それが良かったのかもしれない。
きっとすぐに何でも出来てしまう人は、
すぐに飽きてしまうんだろうね。
私はとにかく何でも人より劣っているので一生懸命やる。
だから少しでも上達すると、
とってもとっても嬉しくて仕方がない
相変わらず人より劣っているけれど、私は楽しく生きている。

マラソンを始めて、今とってもはまっている。
私の初フルマラソンのタイムは5時間32分53秒。
お世辞にも速いタイムじゃないけれど、
私は他人と競争しているわけじゃないし、
それを生業としているアスリートでもないからね。
私は脚も足も悪いし、骨盤のズレが半端じゃない。
そんな私が完走出来ただけでもスゴイと思う。
最初から速かったらツマラナイもんねぇ~(笑)
自分なりに努力して、次に少しでも速くゴール出来たら、
それだけで楽しいと思うし。
一応ウィメンズではサブ5を目指して頑張るつもり。

社会に出ると、嫌でも競争にさらされる。
時には辛くて仕方なくなる時もある。
そんな時、自分は思う。
出来ないから楽しい
もちろん、いつもそう思えるわけじゃないけどね

今日はちょっと真面目なお話でした。
マラソンを始めたのは、自分の東北魂を証明するため!
3月11日の東日本大震災がキッカケでした。
結構そういう方も多いのではないでしょうか?

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する