ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2011年05月23日 (月) | 編集 |
今年も仙台七夕まつりは開催されるんですよ(^^)
そして、トマシーナも久し振りに七夕を観に行くんですよ♪
今、宿をどこにしようか考えているんです。
仙台だけじゃなく、平泉にも行きたいし、山寺にも行きたいしね。
塩釜の友人にも会いたいからね。
少なくとも2泊3日は必要かなぁ~。
この大変な時に七夕まつりをやるって決めたのは、
きっとこのお祭りが伊達者の心の張りだから。
心の張りがないと、人って生きるのが辛くなるもの。

だからね、相馬の人たちの気持ちを思うと、
私は自然と涙が溢れてくるんだ。
相馬野馬追 今年は無理なんだろうか?
国から重要無形民俗文化財に指定されている素晴らしいお祭り、
相馬の人々にとってこのお祭りは誇りだと思うのです。
この野馬追のために飼養されている馬が、
被災地にはたくさんいました。
多くの馬たちが命を落としたそうです。
そして生き残った馬も、飼養環境の悪化で痩せ細り、
野馬追に参加出来る状態ではないとか・・・・。

福島第一原発20キロ圏内から、その馬たちの一部、
28頭が救出されたのは、5月2日のことでした。
その後救出は進んでいるのでしょうか?
救出された28頭は元気で過ごしているのでしょうか?
あばら骨が浮き上がった彼らの姿が忘れられません。

5月11日に相馬野馬追実行委員会より、
今年の開催はいまだ検討中とのコメントが出ています。
本来であれば7月23・24・25日に行われます。

こちらは今年のポスターです。
300円で販売されています。
2011.jpg

イサナが28頭だけじゃ野馬追はとても無理と言っていました。
馬のコンディションもあるから、もし開催するのなら、
神旗争奪戦とかは残念だけど取り止めるしかないだろうな・・・・とも。
どんな形であれ、開催できればいい。
それが相馬の方たちの心の張りになると思うから。
そしてもし開催されるのなら、
私は他の予定をキャンセルしようと思う。
キャンセルして野馬追を、
頑張って生き抜いた馬たちの雄姿を、
相馬の方々の復興への気概を、
この目に焼き付けてきたいと思う。

野馬追には約500頭の馬が参加します。
今どのくらいの馬が生き残っているのでしょうか?
救出された28頭の中には、傷を負った子がいました。
津波に遭い、瓦礫で脚に傷を負っても、その子は生き抜いたのです。
私はそんな子の、野馬追での雄姿を見てみたいのです。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する