ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2017年06月14日 (水) | 編集 |
皆様こんにちは。
ウルトラマラソンのダメージから回復しつつあるトマシーナです

今回の飛騨高山ウルトラマラソンですが・・・・
もっとスゴイお初がありました
相方と初めてお泊りで旅行しました
私が土曜日から体調不良だったから、
彼にはとても心配を掛けてしまいました。
実は土曜日から月の触りだったんです
このところ症状がとてもヒドくて、
一時的な貧血と激しい頭痛に見舞われます
翌日が大会でしたから、それはもう焦りました。
ピルで日にち調整する方もいますが、
私はピルをこの年齢(現在48歳)になるまで、
一度も使用した経験がありません。
私くらいの年齢で初めてピルを服用するのは、
副作用がかなり懸念されるので、
病院では処方してくれませんでした。
覚悟はしていたのですが、やっぱりなぁ~って感じでした。

こんな体調にも関わらず完踏出来たのは、
やっぱり私を労ってくれた相方のおかげが大きいかな
長い時間を一緒に過ごすと、相手の事が分かるとよく云いますよね。
私は今回の高山行きで、相方が益々好きになりました

こちらのペンションはなつばきさんに二泊しました\(^o^)/
なんと私たちだけしか宿泊客はいなかったので、貸し切り状態でした
飛騨高山5

お泊りしたお部屋です。結構広くて5人くらい宿泊可能でした。
飛騨高山6

後泊もしたから、マラソンの翌日はゆっくり高山の街を観光しました。
母へのお土産を買ったり、ちょこちょこ食べ歩いたり、
招き猫の展示を見たりして過ごしました。

牛マン2

牛マン1

有名なみたらし団子のお店
ニ四三(ふじみ)屋さんです。
みたらし2

2本持っているけど、食べたのは1本だけだよ
みたらし1

そうそう、私の後方に鍛冶橋の文字が見えてますよね。
この橋にはちょっと面白い像があります。
逆光で像のユーモラスさが十分には伝わりませんが、コチラは手長の像です。
てなが

コチラは足長の像です。
あしなが

説明によると、出雲神話の奇稲田姫(クシナダヒメ)の父母神である
手名稚(テナヅチ)と足名稚(アシナヅチ)に想を得て創作されたものらしいです。
元は高山祭屋台のひとつ「恵比須台」に飾られている彫刻で、
それを銅像にしたんですね。この手長と足長は高山の町のあちこちで見ました。
でも・・・・父母神がモデルなのに、どちらも男性に見えるんだけど・・・・

このあぶらえ餅、賞味期限が当日でなければ買って帰りたかった
美味しくても生菓子はお土産に出来ないのが辛いところです。
あぶらえって「荏胡麻」のことなんですね。
飛騨の特産品なんだそうです。その荏胡麻をお餅にたくさん練り込んであるので、
独特の食感がありました。飛騨 大井屋さんのお品物です
あぶらえ餅

あぶらえ餅を食べる相方です
aikata.jpg

高山の有名なパン屋さん トラン・ブルーにも立ち寄りました。
ココはクロワッサンが有名なんですって。
私たちより先に入店していたランナー数人が、
クロワッサンを全て買い占めていたため、それはありませんでした
トランブルー

でも、他のパンを買えました。美味しかったです
トランブルー2

この日、高山の街はランナーだらけでしたね(笑)
何人もの知り合いに会いましたよ。
知り合いと云えば・・・・私も作品を持っている猫作家さんの個展が
安江美香さんの飛騨の里 華ねこ展です。
実は写真のさるぼぼ招き猫が欲しかった・・・・でも、思いとどまったの
だって、我が家は招き猫だらけなんだもん
買い集めたのは私です・・・・
やっぱり連れ帰るべきだったかもと、今頃思っています。
でも・・・・なかなかどの子を連れ帰るか選べなかったんだけどね
さるぼぼねこ

楽しい旅だったなぁ~。
今度はマラソン抜きでどこかへ旅行したいなぁ~

にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する