ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2016年09月14日 (水) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです。
珍しく時事問題について語ろうと思ったわけではないです。
世間をちょっと前から騒がせていた、民進党の蓮舫さんの国籍問題ですが、
この経緯を見ていて、私が感じたのは・・・・
蓮舫さんはあくまでも台湾人でいたかった
んだなということです。

経歴詐称という公選法違反を犯してまで、
台湾国籍を保持し続けていたということは、
普通に考えてそうだと思うんですが、違うのでしょうか
国政に携わりたいと思った時点で、
外国籍の方々は帰化という選択をします。
本気で携わりたいなら、そこはクリアーしなければならない関門です。
どんなに辛くとも、本気でそうしたいのならそうしたハズですよね。
確認ミスというのも、ちょっと考えられない不思議な話です。
過去の彼女の発言から類推すると、
二重国籍は自身で認識されていたようですし。

私は彼女が台湾人でいたかったのなら、
それはそれでいいと思うんです。
大騒ぎになって、どうしようもなくなったから、
だから台湾人であることをやめるなら、後悔するんじゃないかな・・・・。
経緯を見ていると、彼女が本気でやりたいことって、
国政に携わることとは思えないから。
そういう気持ちがあるなら、
とっくの昔に関門をクリアーしているはずだから。
彼女がやったことって、マラソンでいうと関門をクリアーせずに、
トップ集団で走り続けたようなもの。
どんなに良い記録を出しても、その記録は認められなくなる・・・・。

台湾人のままで出来ることだってあったはず。
本当に今回の選択でいいのかなと、余計なお世話だけど思ってしまった。
自分の気持ちに嘘をついていらっしゃらなければいいけれど。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する