愛知県民から岐阜県民になりました。現在、眷属4ニャンと離れて暮らしています。淋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
思ったより時間が掛かりました!
2016年05月16日 (月) | 編集 |
夏夏コンビが結成されたのは、
昨年の9月7日のことであった。


その後、保護猫弥生さまも加わったりと、
我が家のニャン社会はいろいろあった。
そのせいもあったのだろうが、
夏夏コンビの夜間完全ケージアウトには、
相当の時間が掛かった
当初は昨年12月中にはケージアウトの予定だったのだが、
結局5月になってしまった。
何度か試してはいたのだが、
その度にもう少しケージで寝させようということになったのは、
夏目も陽夏もケージアウトすると・・・・
大興奮して暴れまわったからだ
ニャンズの夜の寝場所は一定していないけれど、
最近は田実ちゃまは父のベッドで、
茶々丸くんは母のベッドで眠っている。
仔ニャンズはよく分からない。
なちゅは寝入りばなは、私の部屋の長椅子によくいる。
陽夏ちゃんは・・・・どこにいるんだろ
まあ無事にケージアウトしたので一安心だ

蔵出し写真その1。
なちゅは今では茶々より大きくなりましたが、当初はこんな感じ
12167243_925261270901804_1052495021_n.jpg

12166535_925261230901808_1124691733_n.jpg

蔵出し写真その2。
まだ、女帝でもコデヴでもなかった陽夏ちゃま
12113132_920573351370596_641795273_o.jpg

陽夏ちゃま、まだ丸くない細長かったね
12082207_920573411370590_1550586523_o.jpg

世間では仔猫さんが遺棄されるシーズンが到来しました。
私の友人たちが、立て続けに仔猫を保護し、
それこそ悪戦苦闘しています。
なかでも大変なのは乳飲み子の保護。
乳飲み子は3~4時間おきの授乳もありますし、
体温管理も必要となります。
【くるねこ大和】のくるさんも、ブログにこう書いておられます。
以下はくるさんのブログからの抜粋です。

(くるさんのブログより抜粋)

仔猫を拾われた方々へ


まず、最悪の場合は自分で飼う覚悟をしてから拾ってください。
そして、拾ったらとにかく獣医さんへ。
授乳のやり方などは、私のブログなんか見るより、実践で教えてもらった方が
会得します。
授乳と保温さえ上手くやれば、大丈夫です。
保温は28℃~30℃。
できればデジタルの温度計があるといいです。
ミルクはワンラック・ゴールデンミルクが一番消化がよく、上手く育ちます。

授乳は4~5時間おき。

おしっこは授乳の後にティッシュでワサワサと軽く叩けば、簡単に出ます。
乳児はよっぽどウンチはしません。(ワンラック・ゴールデンミルクだとほぼ100パー消化されます)
乳児の面倒は、2週間くらいは戦場です。
温度管理、ミルク、排泄、ほ乳瓶の洗浄などなど、ほとほと疲れます。
でも、大丈夫。
人間の子と違い、たったの1ヶ月で離乳します。
もう、人間の母さん、すご過ぎです。


(抜粋終了)

頑張っている友人たちには頭が下がります。
Nさん、Kさん、Wさん、頑張ってください。
お力になれず申し訳ないです。

保健所に持ち込まれる猫の大半は仔猫です。
逆に云えば、同居人がきちんと繁殖制限措置を行えば、
不幸な生命がそれだけ減るということです。
猫の同居人の皆様、どうかお願いです。
心は痛むかもしれませんが、不妊去勢手術をしてください。
そして、これから猫さんと暮らそうとしている方々へ
里親募集サイトにはたくさん家族を待っている子たちがいます。
ペットショップでの購入を否定はしませんが、
どうかそういう子たちも候補に入れていただけませんでしょうか
よろしくお願いいたします

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する