愛知県民から岐阜県民になりました。現在、眷属4ニャンと離れて暮らしています。淋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
さすがに凹んだ
2016年03月29日 (火) | 編集 |
皆様、こんにちは。トマシーナです。
ちょっと衝撃的な出来事に見舞われ、さすがの私も凹みました。
これからいろいろと対処せねばならないことが、ヒジョーに山積しております

衝撃的と云えば、
イサナの要介護認定審査(更新申請)の結果も衝撃的でした。
状態が良くなっていないのに、むしろ悪くなっているのに、
何故か要介護1から要支援になりました
イサナはもうどうでもいいと自棄になっていますが、
家族としてはそういう訳にもいかず、
4月1日以降に再審査をお願いする積もりでおります。
が、それも主治医の意見を聞いてからにするとのこと。
明日は久しぶりに主治医による診察ですから。

介護されている人口の増加は凄まじいものがあります。
公的支援には自ずと限界があり、
イサナ程度では要支援になる可能性も高かったのかもしれないですね。
イサナ程度といっても、しっかり半身不随なのですけどね。

今回は要介護認定の立会者である私を何故か無視して、
いつの間にか要介護認定審査が実施されました。
父母もボンヤリしていたのでしょうね。既に終わっていると云われてビックリしました。

因みに再審査と云いましても、所謂不服申立てである
【再審査の請求】ではなく、【区分変更】の申請を致します。
その方が手続きも煩雑ではなく、結論が早く出るからです。

我が家は昨日から状況が変化しており、
時間が掛かる申請などやっていられないのです。
やってもやはり要支援ならそれは仕方がないことです。
ケアマネも付かなくなりますので、ちょっと大変になります。
まあ、ちょいと力仕事になりますが、いろいろ手を打つ積りです。

かなり精神的に疲労困憊しておりますが、
多分ぶっ倒れることはないと思います。
私が倒れたらニャンズが路頭に迷ってしまいますからね
今回のことは周囲を甘やかし続けてきた私にも責任の一端があります。
相手の期待に応え続けることは、必ずしも相手のためにならないということ、
昨年のある出来事でも痛感していたのですが、
期待に応えないというのも、なかなかに難しかったのです。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する