ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2015年07月16日 (木) | 編集 |
6月某日の出来事である。
それは通勤の地下鉄車内で起こった。
私のすぐ前に立っていた男性が、
いきなり自分の横に立っていた男性の
頭をペシッっと叩いたのだ
どうやら地下鉄が揺れた時に、足を踏まれたらしい。
で、謝罪の言葉がなかったので、カッとなったらしい。
だからいきなり頭を叩き、そして云ったわけ・・・・
足を踏んだんだったら謝れってね。
確かに足を踏んで謝らなかった方も悪い。
でも、いきなり頭を叩くのってどうなんだろうか
もし、云われた相手がちょっと難物だったらどうするんだろう・・・・。
だって、下手すると傷害罪になりません
まあ、法律の専門家じゃないから本当のところは分からないけれど、
いずれにしろイキナリ叩くのはどうなんだろうか
相手の方は素直に謝罪されていたけれど・・・・。

やはり6月某日の出来事である。
それは地元の図書館で起こった。
私が図書館の利用登録の手続き書類を書いている横で、
おそらく高校生(もしかして中学生かも)と思われる男性が、
図書館スタッフにいちゃもんをつけていた。
云っている内容は支離滅裂で、
しかも脅迫めいた内容すらあった。
明らかに常軌を逸している状況だったので、
思わず警察に通報しようかと思った。
しかし、スタッフも負けてはいなかったので、
横でずぅーっと彼の言葉を聞いていた。
どう考えても威力業務妨害に当たっていたように思う。

7月某日の出来事である。
それは私がよく立ち寄るシアトル系珈琲店で起こった。
私が珈琲を買い求めるために並んでいると、
座席の方から女性の怒声が聞こえてきた。
いったいどうしたんだろうと思って振り向くと、
女性が怒鳴りつけていたのは、自分の子どもらしい。
お子さんは可愛らしい女の子で、
とてもおとなしそうな感じの子だった。
その子が何をしたのかは分からないのだが、
女性の怒声は尋常ではなかった。
言葉は悪いのだが、少し病んでいる方のように見受けられた。
店のスタッフもその他のお客さんも、見て見ぬフリしか出来なかった。
私も特に声を掛けることをしなかった。
とてもモヤモヤした。
あれは児童虐待なのではないだろうか
私はその女の子の様子がとても気になった。
日常的な虐待を受けている子は、感情の表出が乏しくなるらしい。
あまりにおとなし過ぎるその子が、今でも気になって仕方がない。

7月某日の出来事である。
それはいつも利用するK駅改札付近で起こった。
どう見ても尋常でない様子の女性が、大声で怒鳴っていた。
誰に怒鳴っているのか、まるで分からない。
女性を対象にした罵詈雑言のようだった。
○○女犯罪者
と叫びながら、改札を通りホームの方に向かったようだった。

たまたまそういう場面に出くわすことが多かったのだろうか
それとも、梅雨という季節が人間の精神に作用してしまうのだろうか
自分に起きた出来事と照らし合わせながら、少し考えこんでしまった。

さて、本日の出来事である。
頭をペシッとした男性と、子供を怒鳴りつけていた女性(とその子ども)に、
それぞれ同じ場所で遭遇した。
男性はごくごく普通であった。
女性は・・・・やはりすこぉ~し挙動不審な感じが
女の子はカフェのウィンドウが曇っていたので、そこに落書きをしていた
今日は怒鳴られていなかった。

台風が近付いているし、風邪は相変わらずだし、
気が塞ぐ日である。
こんな日はニャンズと一日まったり過ごしたいものである。
でも・・・・マスク着用で出勤さぁ~
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


告知だよぉ~ん
来年のカレンダー、我が家からは田実と茶々丸が参加致します
詳しくはfemiさまのブログをご確認くださいね。
20150714192443d9d.jpg
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
世の中いろんな人がいるけど、怖いひともいっぱいですね…。
電車の中って妙な人に出くわす確率が高いなあって思います。突然、頭ペシ!はびっくりしたでしょうね。
2015/07/17(金) 10:39:28 | URL | だだ #-[ 編集]
☆だださんへ
お返事遅くなってゴメンナサイm(__)m
ネットでも\(◎o◎)/!の方々がいらっしゃいますが、
当然リアルでもそれは一緒なのですよね。
通勤時間帯は特にみんなが気が急いているから、
なんとな~くギスギスしていますし(^-^;
下手に注意も出来ない世の中だし、本当にイヤになってしまいます。
急に暑くなったから皆さん余計にイライラしているのかも。
2015/07/22(水) 08:57:24 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する