ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2015年04月20日 (月) | 編集 |
すみませぬぅ~
やっぱりブログ更新が滞り気味でございます

書きたいことがないわけではないのですが、
最近文章を書くより、読む方にシフトしておりました。
たまたまマラソン大会で訪れた土地に縁の作家に、
今更のように興味を抱き、貪るように読んでおりました。
今更のように・・・・と書いたのは、どちらもかなりのビックネームで、
もっと若い頃に読んでいてしかるべき作家だからです。
北九州マラソンで訪れた小倉では松本清張さんに、
穂の国 豊橋ハーフマラソンで訪れた豊橋では井上靖さんに
興味が湧いてしまって、早速本屋に走りました。

最近はずーっと井上靖さんの自伝的小説ばかり読んでいました。
井上靖さんの本は、2冊ほど読んだことがありました。
中学の国語の先生に勧められた【額田女王】と、
大河ドラマになった際に平積みされていた【風林火山】の2冊です。
この2冊の歴史小説も素晴らしかったのですが、
私の心をより捉えたのは、最近読んだ自伝的小説の方です。
若い時に読んでも、自伝的小説には感動しなかったかも。
むしろ若さを失いつつある(?)現在に読んだからこそ、
より深く感動できたのかもしれません。

自伝三部作を読んで、人は成長過程でたくさんの人々と、
触れ合ってこそ成長していくのだろうと思いました。
幼少時代から異なる年代、異なる立場の人々と暮らすことで、
人は知らず知らずのうちに、たくさんのことを学び吸収していくのですね。
主人公の伊上洪作と周囲の人々との交流に、
私は心がほっこりと暖かくなりました。

今はちょっと分野の異なる本を読んでいます。
こちらも結構なベストセラー【毒になる親】です。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する