ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
ヘミングウェイ
2015年03月27日 (金) | 編集 |
作家の仕事とは、
判断を下すことではなく
理解しようとすること。


この話、じっくり話し出すと長い。私の趣味は本を読むこと。
でも、ある分野の本はまるで読んでいなかった。
ある分野とはハードボイルド・・・・。
こう書きながらも、ハードボイルドの定義は、
私の中ではハッキリとしていない。

そのハードボイルドをなんとなく読みたくなり、現在読んでいる。
読んでいるのは清水俊二さん訳の【長いお別れ】
514cC6mne3L.jpg

この小説に興味があったのは、ギムレットが出てくるから。
一時私はカクテルに興味があった。
たまたま愛読していた小説の主人公が、カクテルを嗜む人間で、
特にギムレットを好んで呑んでいたからだ。
だから、カクテルに興味があったのではなく
ギムレットに興味があったと云った方がより正確かもしれない。

最近、よくお邪魔している焼酎バーがある。
たまたまそのお店がこの本に載ったと聞き、早速発売日に購入した。
26750404_1.jpg

その中に私が呑みたいギムレットを出しているバーがあった。
会社から近いので、心の余裕が出来たら行ってみる予定。
その店にお邪魔する前に、ギムレットならこの小説
ということで、ハードボイルドを読み出した次第である。

そして、私は知らなかった。
あのアーネスト・ヘミングウェイも
ハードボイルドの代表的作家なんですね
全然知らなかったので、なんとなくネットでヘミングウェイを検索。
そうしたら冒頭の言葉に出合った。
この言葉、作家をカウンセラー変えてもいいな・・・・そう思った。
ますますハードボイルドが分からなくなった。
こんな優しい言葉はないと思ったからだ。
人に対する視点が限りなく優しい。ハードなイメージは全くない。

文芸用語としては、暴力的・反道徳的な内容を、批判を加えず、
客観的で簡潔な描写で記述する手法・文体をいい、
アーネスト・ヘミングウェイの作風などを指す。
また、ミステリの分野のうち、従来あった思索型の探偵に対して、
行動的でハードボイルドな性格の探偵を登場させ、
そういった探偵役の行動を描くことを主眼とした作風を表す用語として定着した。


上記はWikipediaからの引用。
まだ、ヘミングウェイの本は読んでいないけれど、
チャンドラーの【長いお別れ】は読んでいる。
確かに簡潔でどちらかと言うとドライな文章・・・・
情感漂うウェットな文章ではない・・・・とは思う。
でも、行動のみを描写している文章でもないと思った。
確かに一人称で語っている割りに感情の表出は少ないが、
主人公のフィリップ・マーロウの感情や人格を感じられるからだ。
マーロウは私の愛読した時代小説の主人公にも似ている。
どちらも暗い過去を背負い、
現在の境遇は決して恵まれてはいないのだが、
決して卑屈ではなく、むしろ信念に生きている。
だから女性が放っておかない(笑)

ハードボイルドを暫く読んでみるのも悪くない。
多分、ヘミングウェイの本も読むと思う。
元々ヘミングウェイには興味があった。
(でも、彼がハードボイルドを代表する作家だとは知らなかったけど・・・・)
お酒と猫を愛した作家に、私は好意を持っていた。
彼の愛した6本指の猫の子孫は、
今でもキーウェストにあるヘミングウェイ博物館にいる。
彼らは博物館の中で自由に生きているらしい。
一度訪れてみたい
でも・・・・飛行機に長時間乗れないけどさ

大好きな物は本とお酒と猫。
私が卒業アルバムに書いた言葉。
だからだろうか
お酒と猫をこよなく愛したヘミングウェイには、親近感がある。
ヘミングウェイが愛したカクテルは、ラムベースのパパ・ダイキリ。
これも一度呑んでみたい。
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
遅ればせながら…
46歳のお誕生日おめでとうございます♪*\(^o^)/*
ワタシより5歳若いんですね(笑)
その後の体調は如何ですか?
今年も松島マラソンには参加されるのかな?
福桃さんとこで女子会するのかなぁ〜?
また福桃さんとこにアクマキ送っておきますので、皆さんで召し上がって下さいね♪(^-^)
2015/04/05(日) 11:30:04 | URL | フーコ #-[ 編集]
☆フーコさんへ
超亀レスで申し訳ございません( ;∀;)
お誕生日メッセ、ありがとうございます。
4月に東北風土マラソンに出場してきました。
走った後に福桃さん宅へお泊りに行き、
あくまきを頂戴しましたよぉ~♪
美味しかったです(^_^)v
母の知人が九州育ちで、時々あくまきをいただきます。
素朴なお菓子ですよね(*^-^*)
仙台のずんだ餅みたいに、各家庭で作るものだと聞いております。
2015/05/21(木) 12:10:26 | URL | トマシーナ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する