愛知県民から岐阜県民になりました。現在、眷属4ニャンと離れて暮らしています。淋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
またまたつながる不思議(^^)
2015年02月19日 (木) | 編集 |
縁というのは本当に不思議なものだ・・・・とつくづく思う。

SNSでまたまたステキなご縁があった。
尊敬してやまない古宮昇先生から、なんとお友だち申請を頂戴した
先日書いたつながる不思議先輩カウンセラーNさんが、
古宮先生の講義や勉強会に誘ってくださったのが、先生を知るキッカケ。
私は先生の講義に参加して、初めて傾聴ということが少しだけ分かった。
頭ではなく腹で分かったように感じた。
その後いろいろ勉強して、私は自分という人間の意外な一面を知った。
私が思っていた私は、多分本当の私ではないという事を。
本当じゃない自分というと少し言い過ぎかな・・・・。
アナ雪じゃないけれど、ありのままの自分ではない
と言った方がよりシックリ来るかなぁ~。

私は三人兄妹の末っ子、上は兄ふたり。
次兄が難しい病気であったため、
私は常に手の掛からない子でなければならなかった
そうしないと親に愛されない・・・・幼い私はそう思ったのかもしれない。
勿論決してそうでなければならなかったわけではないのだが、
私の記憶のある出来事が、この幼稚な決断を補強してしまった。
その後の私は、一貫して手の掛からない人間を演じ続ける。
特に問題だったのは、自分の感情を巧みに誤魔化すことだった。
怒りとか悲しみは、私の中でなかったことになった。
これが後々メンタルの不安定を招くんだけどね

経験者は語るじゃないけれど、嘘はやっぱり良くない
特に自分に対する嘘は良くない・・・・と思う。
私が強烈な承認欲求の持ち主であった事実は、以前にもちょっと書いた。
その承認欲求がほぼなくなったのは、カウンセリングを勉強したおかげだ。
私は承認されないと不安だった。
承認されるために、ムリをし続けて疲れた。
その思い込みは、今でも私を時々苦しめる。
でも、以前に比べたら私は柔軟に楽に生きている。

~ねばならない という呪縛は人を苦しめる。
~でもいいんだ という赦しは人を自律させる。


それが分かっただけでも、学びには価値がある。
いろいろあって、私は学びをお休みしていたけれど、
昨年から少しずつ学びの場に復帰している。
多分、私は一生涯学び続けると思う。
何かが分かってくる というのは楽しいことなのだ

本日のオマケ(^^)
まだナイスバティだった頃の田実ちゃま
今はご立派にコデブられています
2010_1114トマシーナファミリー0019

この写真はチョロと田実のツーショット。
左がチョロ、右が田実。
2010_1207富士山0218

懐かしい写真です。
そして、とても愛らしい写真です。
2010_1207富士山0217

昨日、父イサナの介護更新認定は無事に終了いたしました。
おそらく今まで同様、要介護1の認定となるでしょう。
たまたまいらっしゃった認定員のDさんは、3ニャンのお母さん(^^)
動作もゆったりとされていて、話しぶりも穏やかな方だったので、
チキンな田実ちゃまも最後の方で、隠れ場所から出てきました。
私に抱っこされて、Dさんを真面目なお顔で見つめていました(笑)
偶然、Dさんの愛猫とトマの通っていた病院も一緒でした。
面白いご縁ですよね。因みに現在のケアマネさんも猫好きです。
そしてマッサージをお願いしている方も、猫さん大好きです。
よくよく猫好きに縁があるトマシーナ家なのです(大笑)
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する