ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2015年02月18日 (水) | 編集 |
小倉城小倉城庭園八坂神社と巡った。
最終は松本清張記念館だった。

実はわたくし・・・・松本清張さんを読んだことがなかった
興味を抱いたことはあった・・・・でも何となく敬遠していた。
多分、本の装丁とかの問題もあったのかなぁ~。
松本清張さんの本って、
なんか黒っぽくて硬質な感じの装丁が多くないです
少なくとも乙女心をくすぐりませんよねぇ~・・・・。
(まあ、既に乙女じゃなくてオバちゃんだけどさ)
松本清張記念館のホームページもバックは黒ですよね。
社会派と云われた松本さんには、
ライトノベルのような装丁はおかしいかもしれないけどね。
そう云えば代表作に【日本の黒い霧】というのもありましたね。

さて、松本清張記念館ですが、非常に素晴らしかったです。
氏の住まいをそのまま再現した展示は圧巻でした
特に書庫のボリュームには参りました。
絵も巧みだし写真もお上手。
かなりの審美眼の持ち主だったのですね。
俄然興味が湧きました

で、折角なので氏の故郷の北九州市で、この文庫を購入しました。
まあ、ちょっとしたコダワリでございます。
61FKVXEzM8L.jpg

北九州マラソン以降、ちょいと忙しくしておりまして、
まだ途中読みですが・・・・非常に面白いです

で、ちょっと調子に乗ってコチラも買いました。
あーコチラもタイトルに黒が入っていますね
事件の隠された真実、暗黒部分に挑んだ氏の著作は多数。
自然、タイトルに黒を冠することが多かったのかもしれませんね。
【黒い福音】に関しては、以前もちょっと書いています。
ビートたけしさん主演のドラマの感想です。
既にこの時点で松本清張さんを読む気満々でしたね。
51KZ734M72L.jpg

しかし、やっぱり清張さんの本の装丁は暗い
ということで、お口直しに可愛い写真
ちょっと夏バテ中のトマちゃんです。
2010_0813夏が来た0135

そして、よくこんな風に田実を可愛がっていました。
2011_1010来る福招き猫まつりin0135

母親の顔をしていますよね。
トマは優しい子でした。だから田実も茶々も淋しいのです
2011_1010来る福招き猫まつりin0134

松本清張さんの本を読みながら、主人公の人生態度を検証中
交流分析でいうところの人生態度です。
小説を読みながら、心理の勉強も深めようという試みです(笑)
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する