ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015年02月17日 (火) | 編集 |
日本庭園が好きだ

日本庭園を眺めていると、日常から切り離される。
日常に埋没していると、私は忘れてしまうのだ。
一日一日をこなしていくのに必死で、
本当に大切なもの、決して忘れてはいけないことを、
ついつい忘れてしまう・・・・忘れた振りをしてしまう。
日本庭園と向き合うと、大切なものや忘れてはいけないことを
ごくごく自然に思い起こすことが出来る・・・・気がする。

日本庭園は人工物と自然の境目が曖昧だと、何かで読んだことがある。
西洋式庭園はその境目がハッキリとしているそうだ。
西洋人は自然を支配するものと考えているのに対し、
日本人は自然との調和を考えている、その違いが庭園様式にも出ている
・・・・そういう内容だったように記憶している。
その調和が心を穏やかにし、深い思索へと誘ってくれるのかもしれない。
日本庭園は哲学的なのだ。素晴らしい盆栽もそう云えば哲学的。
こちらは書院から庭園を眺めております。
10985600_801708926590373_9212861202611635550_n.jpg

こちらは庭園から書院を眺めております。
10980746_801708969923702_5164444055691905200_n.jpg

背後には現代的な建物がございますが、
それはそれで面白い景色だなぁ~って思いました。
小倉は江戸と現代が面白く調和している町でした。
1795519_801708999923699_2318466389918358848_n.jpg

書院からは小倉城の美しい姿も
10492439_801706976590568_2838150423395414954_n.jpg

小倉城庭園を訪れた時は、小雨がパラついておりました。
案内をしてくださった方と、明日の天気について話しておりましたが、
まさか翌日が雪になるとはねぇ~
案内してくださった方、とてもステキな女性だったんですよ。
でね・・・・案内の最中にギックリ腰を再発されてしまったんです
大丈夫だったかなぁ~・・・・とても心配しているトマシーナでした。

本日のオマケは小倉で出会った猫さんたち。
この子たちには地域猫の印がありました。
大事にされているようです。
10940462_800809956680270_3812448395582923332_n.jpg

ちょっと目やにが気になる子。
小倉駅前では保護団体の方が、譲渡会をやられていました。
日本全国そういう運動が盛んになったんですね。
いかがわしい団体もありますが、結局淘汰されていくんだろうなぁ~と思います。
10386855_800809836680282_5082429497490038043_n.jpg

今年は梅の開花が遅いようですね。
週末に走って梅を観に行ってみようかなぁ~。
介護は一日一日をこなしていくのが大変です。
私など大したことはしていないくせに草臥れ果てますから・・・・
もっと大変な思いをされている方々を思う時、
私は日常から切り離される時間をプレゼントしたいと思うのです。
何が欲しいですか介護者に質問したら、
きっと多くの方々が、自分だけのために使える時間
お答えになるような気がします。あと切実な問題として、少々下世話ですが・・・・
お金、綺麗事ではなくお金で解決出来ることも多々ございますのでね。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。