愛知県民から岐阜県民になりました。現在、眷属4ニャンと離れて暮らしています。淋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
ロジェリアン?アドレリアン?フロイディアン?そしてユンギアン?
2014年11月19日 (水) | 編集 |
さて、自分はどうなんだろう

日本では一時、圧倒的にロジェリアンが多かったようだ
ロジェリアンとは来談者中心療法のカール・ロジャーズの信奉者。
私が学んだ産業カウンセラー講座は、ロジャーズの理論であった。
でも・・・・私はロジェリアンではない(多分ね)
最近ロジェリアンはむしろ減っているようだ。
いろいろな療法が増えたからとも云えるけれど、
ロジャーズの理論ではどうにもならない症例が増えたとも云えるのかも。
ロジャーズに否定的なカウンセラーも多いらしい。

で、最近増えているのはアドレリアンみたい。
この間、チラッと書いたアルフレッド・アドラーの信奉者のこと。
アドラー本は何故かビジネス書として扱われているものが多い。
自己啓発の源流と云われたりもしている。
カウンセリングの最終目的は、クライエントが自律的に生きること。
だからどんなカウンセリングも自己啓発と云えると思うけどな・・・・。
アドラーに影響を受けて、ビジネスで成功した方々が多いからかな
因みに結構過激で厳しい理論と云われているけど、
私は人に対する視点が限りなく優しいように思ったけどな。
特に人の課題の肩代わりをするべきではないって納得した。
極めて現代的なのがアドラーという感じがした。

そして、フロイディアン。
精神分析でおなじみのジークムント・フロイトの信奉者。
因みにロジャーズは精神分析には否定的だったみたい。
だから日本ではあまりフロイディアンはいないのかもね。
でも、フロイトの精神医学における功績は、きっと誰にも否定出来ない
とてつもないビックネームであることは確か。

で、カール・グスタフ・ユングの信奉者は何と云うのだろう
聞いたことないな・・・・(調べたら分かったユンギアンというらしい)
日本だと河合隼雄さんがユング心理学の第一人者でいらした。
なので河合さんの本を読みながら、最近ユングに親しんでいるけど、
私はユング心理学の知識が限りなくゼロに近いので、
まだまだ分からないこと多し。

と、こんな感じでいろいろ学んでおりますが、
なかなか自分に合った理論が見出せない。
でも、ロジャーズもアドラーも嫌いじゃない。むしろ大好き。
ただ、その理論のカウンセリングを自分がやれるのか・・・・
それがまだまだ分からない。

クライエントだって、自分に合う療法ってのが当然ある。
私はある療法でカウンセリングを受けた際、
不快感が残り、メンタル的に急降下したことがある。
なんの療法だったかは、差障りがあるので書かないが、
むしろ療法云々というより、(グループカウンセリングだったので)
その場にいる人間を信用できなかったのが原因。
因みにカウンセリングを受けるのは大好き
何も問題がなくてもカウンセリングを受けるのって悪くない。
気持ちの整理整頓をする上で、とても有効だと思っている。

昨晩より読み止しの河合隼雄さんの本を、再び読み始めました。
軽い読み物と違って、やはり読むには時間が掛かりますね
面白いんですが、気を抜くと睡眠導入のお薬に・・・・
寝床で本を読むものですから、こうなってしまうんでしょうねぇ~
で、何気なく書いてしまったんですが、信奉者という表現は良くないですね・・・・。
信奉するって現代において、少しマイナスイメージがあるみたいですから。
私自身は何かを信奉するというタイプじゃないものですから、
何かを信奉できるパーソナリティの方を、少し羨んでいます。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
だいたいのカウンセラーは、いくつかの療法を学んでいる。
ひとつの療法でのみクライエントに対処するカウンセラーは、
多分ほとんどいないと思われる。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する