ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
2014年11月17日 (月) | 編集 |
週末の二日間、ひたすらダラダラし、
ひたすら本を読んでいた。


ということで大変遅くなりました
金曜の午後、お休みしてトマを病院へ連れて行きました。
担当の先生が、この日は本当にたまたまお忙しく、
結局病院へ行ってから、1時間半以上待つことになりました
当初の予約時間15時15分、当日午前に先生のオペの関係で16時半に変更、
トマを連れて病院へ向かった後、自宅へ電話が入る・・・・
先生のオペが予想以上に長引いており、17時半以降になる。
私はいいんだけど、トマちゃんがちょっと可哀相だったかな^^;
でも、別に先生に対しても、病院に対しても悪感情なし
何故って今の病院にしてから、不快な思いが皆無になったから
と、この件に関しては後で詳しく書くとして、肝心のトマの病状です。

耳に関してはマラセチアでした。
マラセチアは常在菌で、普通であれば悪さをする事はありません。
が、免疫力の低下しているトマの場合は、真っ黒い耳垢で
耳が塞がれるような事態にまでなってしまいます
この日は先生にシッカリ耳をキレイにしてもらいました。
その間、トマは激しく暴れまくりました。
普段の診察ではとってもいい子と評判のトマが大暴れ
それだけ耳に関しては嫌がります。
自宅で耳掃除と点耳薬をやる私の手も傷だらけです

体重はとうとう3キロまで落ちました
トマの体格であれば4キロあってもいいはずなのに僅か3キロ。
コレがあの6.3キロの巨体を誇ったトマの現在なのです。
リンパ腫と腎不全と云う不治の病を背負ったトマ・・・・
この子の体重をもっと重くしたい私の現在の切なる願いです。
数年前に体重を軽くしたいと頑張っていたのが皮肉ですね

トマは自力でも食べることは出来ます。
実際お腹が空くと、ちゃんとご飯の請求はするのです。
でも、ご飯が気に入らないと全然食べてくれません
ココが難しいところなのです。
さっき喜んで食べたフードも、次に与えた時にはソッポを向くからです。
おかげでドライフードだけでも10種類以上あります。
その中で腎臓に配慮してあるフードは2種類ほど。
この2種類を喜んで食べてくれるなら万々歳なのですが、
そうは上手くはいきませんからねぇ~・・・・。
ということで、強制給餌はやり続けないといけないでしょうね。
病院で保険と思って、もしもの時のa/dを1缶だけいただいてきました。
現在は市販のスープを強制給餌しています。
シリンジを我が敵とばかりに猫パンチするトマ・・・・
正直給餌する私のほうがハートブレイクですよ

さて、現在お世話になっている病院のお話。
コチラの病院は獣医さんが非常に普通です。
普通っていうのは、きちんと私たちに対応してくださるって事です。
説明もきちんとしてくださるし、私たちに対する気遣いもあります。
実は普通の接遇をしてくれる獣医さんって少ないんですよね。
そんなお話を送迎サービスのI川さんと致しました。
今の病院は患畜を送迎してくれるサービスがあるのです。
普段は兄のヒロシを有効利用するわたくしですが、
金曜日は平日ということもあり、急遽送迎をお願いしました。
流石に自宅までではないですよ
病院の最寄駅まで移動し、そこからの送迎をいつもお願いします。
で、獣医さん談義となりました。

わたくし、ある獣医さんに腹を立てたことがあります。
腕は良かったと思うのですが、接遇が最低でした
その気持ちが連れて行っている子にも伝わり、
その子もその獣医さんを、激しく嫌がるようになりました。
なので病院を変えました。
実はこういう獣医さん難民は多数おります。
今の病院は接遇に力を入れているそうです。
だから、そういう点で不快な思いはしておりませんね。
トマは前担当のS先生が大好きでしたし、
現担当のY先生にも慣れてきました。
Y先生はS先生に比べて不利なのに、トマの心を掴んだようです。
実はトマちゃん、男性が苦手なのですよ
自宅から遠いという難点はありますが、
今の病院にも担当の先生にも満足していますので、
トマについてはコチラに全面的にお任せするつもりでおります。

この週末はニャンズ孝行しましたぁ~(^^)
ご機嫌な茶々丸くん
559609_753998071361459_4927441077930639212_n.jpg

このふたりもお外ではラブラブです
64783_753998161361450_974715197182131302_n.jpg

トマもちょっとだけ日光浴
この後、気分が良くなったのかご飯をたくさん食べてくれました
10385421_753998214694778_3657373987522595211_n.jpg

とにかく頑張ります
今日は次兄の命日です。もう逝ってから35年経ちました。
昨日のことのように思い出せるのにね。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する