愛知県民から岐阜県民になりました。現在、眷属4ニャンと離れて暮らしています。淋しいです。゚(゚´Д`゚)゚。
もっとも辛い禁止令~【わたし、生きてていいのかな】上映会~
2016年06月30日 (木) | 編集 |
皆さま、こんばんば
本日2度目の更新です。

今日は19時から名古屋市内の某レストランにて、
【わたし、生きてていいのかな】の上映会がございました。
お誘いがございましたので、ちょっと行って参りました。
残念ながら某所の機材の関係で、
映画の音声がほとんど聞こえないというハプニングが
まあ、ほぼ映像だけを観た感想なんですが、
ココに書き記しておきます。

まず、この映画の題名・・・・
この題名からして辛く悲しいです。
交流分析のある禁止令を思い出しました。
もっとも強烈な禁止令は存在するな
この禁止令を何とかするために、
私たちは生き方を模索していると云っても過言ではないと思います。
親に自分の存在を認めてもらうために、
子どもは一生懸命に親の望むいい子を演じたりするわけです。
でも、それでも親から否定される(虐待される)・・・・。
子どもはもうどうしたらいいか分かりません。
生きていてはいけないと思って死のうとしたり、
もうどうでもいいと自暴自棄になったりして、
自分自身を深く傷付けるような行為をするようになります。
映画でもリストカットする女の子が出てきます。
彼女の深い苦しみが伝わってきます。

映画は彼女を含めた家族それぞれが、
一歩踏み出していくというエンディングだったようです。
その一歩を踏み出すのは、
おそらく相当に勇気が要ったと思います。
生き方を変えた方がいいと分かっていても、
なかなか出来ないのが人間ですから。
未知の世界へ踏み出すワクワク感よりも、
むしろ恐怖が先に立つのが人間です。

エンディングで女の子が解き放たれたかのように踊るシーンがあります。
とても美しいシーンでした。
彼女の表情が、まるで菩薩さまのようでした。
とてもとても美しいシーンでした。
彼女が自分は生きていていいんだ
と確信しているのが伝わってきました。
彼女の自律が象徴的に表現されている気がしました。

再三書いておりますが、
私は感じるなという禁止令に縛られています。
分かっていても、なかなか
自分の気持ちに正直になってもいいんだ
という赦しを自分自身に与えることが出来ません。
それくらい禁止令からの解放は難しいのです。

虐待は子どもの人格を否定します。
そして虐待をしている親(あるいは親的な人)自身も、
自分で自分の人格を否定しています。
とても苦しいですし、自分たちだけではどうにもならないでしょう。
寄り添ってくれる存在が、だからこそ重要なのだと思いました。
私はそんな存在になれるだろうかと、
考えさせられました。

映画を観た人が、自分に何が出来るのかを考えさせられる映画だと思いました。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
勝率は5割、そして6月は101(ワンオーワン)(^o^)v
2016年06月30日 (木) | 編集 |
8月以降の大会スケジュールが、
大分固まってきました


抽選となった大会は勝率5割で終了です
やっぱり宝くじ感覚の、大阪マラソンと神戸マラソンは落選
ココは走りたいと本命視していた2大会は当選でした
落選が続いた昨年に比べると、5割の勝率は嬉しいです
当選大会の倍率が低かったことにも助けられましたが、
昨年は低倍率の大会も落選しまくりでしたから、
今年はラッキーですね
幸運を活かすために、今夏は努力するのです
6月の走行距離は、本日目標としてた100キロに到達しました
友人の猛者たちは月間500キロに迫る勢いですが、
私はアシの状態もありますので、やはり150キロをマストに走りこみます。
今月はよく頑張れたと思っています。
走行距離は101キロ、ワンオーワンでした
いい数字だね(笑)

今日は久々に朝ランしました。
朝ランして帰宅すると、大ニャンズが待ち構えています。
何故か朝ラン後はお外に出してもらえると思っているらしく、
出してやらないと承知してくれません
大体5時半過ぎから30分くらいお庭で遊ばせるのですが、
この時間帯は・・・・茶々も田実もかなりハイになります
13502124_1069498313144765_2995238767192057247_n.jpg

で、今朝やらかしたのはコチラのお方
押入れにいつの間にやら入り込み、閉じ込められました
13507097_1069582406469689_8141588825844080775_n.jpg

意外と早く気が付いたのは、優しいなちゅのおかげ
なちゅが押入れで鳴いている陽夏ちゃんを心配して、
ずっと押入れの傍にいたんです。
そのなちゅに声を掛けにいって、事態に気が付きました。
陽夏ちゃまには、なちゅに感謝するように
と云い聞かせましたが、何を云われても涼しい顔でした。
陽夏ちゃまはまさしく小悪魔ですね

なちゅは本当に優しくていい子です
ちょっとお馬鹿なところもあるのですが、そこがまた可愛いのです
さて、7月も頑張って走りますね

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
[READ MORE...]
ZUMBA® GOLD ズンバゴールドを体験してきました(*^^*)
2016年06月29日 (水) | 編集 |
先日、坐禅とヨガを初体験してまいりましたが、
実は今月はもうひとつ初体験しています。
この記事は大分前に書きかけて、
スッカリアップするのを忘れておりました

6月3日(金)に初体験してきました

先日のブログでは、ヨガや合気道を体験したいと書きましたが、
たまたまZUMBA® GOLDの方を先に体験することになりました。
それも、たまたまあるご縁に導かれた結果です。
意味のある偶然の一致なら、シンクロニティでしょうね。
私がたまたま体幹を鍛えようとしている時に、
たまたまSNSで体験レッスンが開催されるのを知り、
そしてたまたま日程的にも都合がヨカッたので、
参加表明を迷わずにしたという経緯・・・・
このたまたま◯◯だった、というのが実は非常に重要だったりします。

私が心理関係の勉強を始めたキッカケも、
本当にたまたまだったんですよね。
心身ともに疲弊して派遣の仕事を辞め、
たまたま知り合いだった方から、
あるプロジェクトを手伝って欲しい、
という有り難いお話をいただき、
そこでたまたまご一緒した方の話を聴き、
なんとなーく産業カウンセラー講座の受講を決め、
一旦は学びから遠のいたものの、
やはりいろいろなご縁に導かれ、それなりに勉強に勤しみ、
何故かカウンセリングルームを開きたい
と思うようになったわけですから。

ちょっと話がそれちゃいましたね
要はそういう偶然が、結構その後の人生に影響するってことが、
ちょっと云ってみたかったのです(笑)
で、ZUMBA® GOLDは非常に楽しゅうございました
20年ほど前にエアロビクスを1度だけやったことがありますが、
リズム感のないトロい私はインストラクターの動きに・・・
まるっきり付いていけませんでした
なので、それ以降フィットネス系は敬遠していました。
だから体幹を鍛えようと思った際に、ヨガや合気道を考えたのです。
でも、ヨガや合気道もある一定のリズムがあるのですけどね。
まあ、今回も付いていけていないことに変わりはなかったのですが、
少人数のグループレッスンだし、先生がとってもチャーミングなのです
なので、7月1日(金)のレッスンにも行ってきます

ZUMBA®は結構激しい動きをするので大変ですが、
ZUMBA® GOLDはシニア世代でも大丈夫なプログラムなのです。
飛んだり跳ねたりってのはありません。
なのでアシの悪いわたくしでも安心して参加できます

レッスン開始前にHお姉さまとツーショット写真
Hお姉さまはとっても可愛らしい方です
あっ、云わなくても分かると思いますが、左側がトマシーナです
zumba1.jpg

zumba2.jpg

これもレッスン開始前の写真ですね。
この会場、実はレッスンするにはちょっと手狭だったので、
7月からは別の会場でレッスンです。
13307258_1743937555851698_2410699096788404168_n.jpg

これは終了後に皆さんと撮っていただいた写真です
最前列の右側が、とってもチャーミングなY先生です
zumba6.jpg

zumba5

zumba4.jpg

zumba3.jpg

楽しい雰囲気が伝わりましたでしょうか
今日のお写真は、他の方が撮影したものをお借りしてます。
一応参加者の皆様のお顔は、ブラインドさせていただきました。
しかし、今年はいい出会いがあって、世界が拡がっていく感じがしますね。
6月に初体験を3つもしているって、ある意味スゴイですよね
さて、7月もステキな日々になりますように

金曜日も楽しくZUMBA® GOLDしてきます
リズム感がまるでない私ですが、頑張ってステップステップ
そうそうあと3キロくらいで月間100キロ達成です
今日はネイルサロンだから夕方ラン出来ないから、明日は久し振りに朝ランだな
というか今朝走る予定だったのですが、早く起き過ぎて二度寝して寝坊しました

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
ヨガで驚いたこと
2016年06月28日 (火) | 編集 |
皆様こんにちは。トマシーナです

昨日に引き続き、ちょっとヨガのお話。
日曜日に初体験したヨガで、
私にはもうひとつの衝撃がありました
実はこちらの方がより衝撃的

今、S先生はクンダリーニヨガというものを究めているそうです。
(日本では知名度がそんなに高くないヨガだそうです)
そのクンダリーニヨガには互いに見つめ合う瞑想があるようです。
瞬きをせずに相手を見つめ続ける
これは出来なかったですねぇ~。
どうにも居心地の悪さを感じました。
他の方々もそうだったようで、戸惑いから笑いが生じたりしてました。
私も相手から目をそらしてしまいました
私たちはごくごく短時間見つめ合っただけでしたが、
クンダリーニヨガでは・・・・
1時間くらいそれを続けるのだそうです
日本人には特に抵抗があると思います。
相手を凝視するってことを、普通はしない文化ですから。
だから一番この瞑想がやれなかったですね。
カウンセリングの時も、クライエントを凝視はしませんもんね。
相手が脅威を感じることもあるから、
私は口周辺を見るとはなしに見ているかな
とにかくコレだけは相当に抵抗を感じました。
でも、ヨガは面白いです

さて、6月の走行距離がようやく90キロになりました。
100キロまであとちょっと
冷房がかかるようになってから、
朝起きられない日々が続いていますので、
専ら夕方ランで頑張りました
7月はもう少し距離を伸ばしたいかなぁ~。
友人企画のマラニックイベントで、
少し頑張って距離をかせぐ積りです。
なかなかひとりでは頑張れない季節到来です
取り敢えず7月3日は、ご褒美ビールにつられて、
岡崎を走ってきます。どうか雨が降りませんように
1e8fb3_86755dd395cf461e86f3b512644f24e4.jpg

ようやくコチラも読み始めました。
発売と同時に入手したのに、少し放置していました。
坐禅やヨガ同様、アドラー心理学についても学びたいのですが、
なかなか学びの場がありません。
じっくり探している最中です。
519tuiAlyOL.jpg

取り敢えずなんとか月間100キロ走れますように

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
体験してきました!
2016年06月27日 (月) | 編集 |
日曜日に坐禅(座禅)とヨガを体験してまいりました。

どちらも以前から興味がありつつ、
なかなか体験することが出来なかったものです。
本当にようやく機会を得て、体験することが出来ました
これも人との繋がりのおかげだと思っております

右端がわたくしトマシーナでございます。
横のおふたりに比べると、座りが悪い感じがしますね。
おそらく・・・・体の柔軟性の問題だと思われます
私には結跏趺坐のポースがちょっとキツイんですよね
私のような初心者が何人かいたため、今回は15分×2回でした。
zazen1.jpg

坐禅に入る前に、どういう風に座るのかを教えていただいています。
これは印(手の組み方)の説明を受けているところですね。
zazen2.jpg

坐禅で瞑想という境地までには至りませんでしたが、
非常にいい集中が出来ました。
昔覚えたお経を心の中で唱えながら座っていました。
目は奈良の大仏様のように半眼にしますので、
目の前のものは二重に薄っすらと見えている状態です。
半眼だと不思議と心に静寂が訪れます。
周囲の息遣い、小鳥のさえずり(鶯が鳴いていました)、
風の音、木々のざわめき、それらが静かな音楽のようでした。
こういう時間を持つことは、とても自分にとって重要だと思いました。

坐禅の次はヨガの時間。
ヨガはいろいろ流派があるそうですが、
今回体験したのはそれらをミックスコラボしたヨガ。
ちょっとビックリしたこと・・・・・
ヨガって唄うんですね
チャンティングって云うのかな
マントラ(真言)に節を付けて唄うのがチャンティングらしいです。
(すみませんヨガの知識がないから違っていたらごめんなさい)
そういうイメージが皆無だったので、新鮮な驚きでした。
先生が再三再四言っていたのは呼吸について。
呼吸に合わせて体を動かすのに集中するということでした。
先生のガイドは体の動かし方だけではなく、
瞑想の世界へと誘うものでもありました。
このガイドは、数年前に受けたヒプノセラピー(催眠療法)に
非常によく似ていると思いました。
坐禅もそうですが、それぞれやり方は違っているのですが、
自分の内面へのガイドを担っている点では同じですね。
カウンセラーに坐禅やヨガの愛好者が多い理由が何となく分かりました。
カウンセリングも自己の内面を見つめる作業のガイドですものね。

ちょっと表情をお見せ出来ないのは残念ですが、
この時の私、非常にいい顔をしておりました。
自分で自分の顔をいいって云うのもなんですが、そう思いました。
ヨガの効果のひとつでしょうかね
yoga2.jpg

yoga1.jpg

ペアで行うポーズもありました。
これは少しハードな船のポーズ(だったと思います)
yoga3.jpg

昨日の体験で得るものがあったので、
今年後半は今までとは違った切り口でいろいろ深めていこうと思います。
もちろん従来からの学びも大切にしつつですけどね。
そう今年後半のテーマはスピリチュアルです
坐禅会やヨガ講習に積極的に参加していきたいと思います。
実は・・・・ある講座の説明会への申し込みも済ませています。
申込時は迷いながらだったのですが、今は正解だと思っています。

今日のオマケ画像は、草原で戯れる茶々丸と田実
梅雨時は雑草が生い茂って大変です
13516347_1067172496710680_6454119771059546944_n.jpg

そして、もうすぐ1歳になるのに、相変わらず仔猫ななちゅ
体が大きいだけに、その子どもっぽさが際立ちます
13439008_1066715296756400_2448755339579731799_n.jpg

最近、縁の不思議さを感じております。
必要な時に必要な出会いがあるように思えてなりません。
本日の写真、猫以外は全てヨガのS先生の撮影です。
一応参加者の皆様のお顔はブラインドさせていただきました。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
既に冷房病の気配
2016年06月24日 (金) | 編集 |
なんとなーく体の調子が悪いトマシーナです

どうしてかなと考えた。
すぐに分った。
そうだ冷房病
オフィスの私の席・・・・思いっきり冷房の直下
毎年、冷房に悩まされる日々だ。
去年なんか軽度の熱中症だったしね
今年は秋の大会に備えて、夏はシッカリ走りこみたいから、
だから冷房病も熱中症も勘弁して欲しい。

ここ数年、私は今の自分に甘んじてしまって、
あまりタイムにこだわってこなかった。
ランを再開した当初はそうでもなかったんだけど、
最近は完走できればいいかって感じだった。
勿論それも悪くないと思っているけど、
この秋は少し頑張りたいという気持ちになった。
今の目標は5キロ25分切り
現在はせいぜい29分を切っているくらいだから、
相当頑張らないといけない。
正直伸び代のない私には、かなりキツイ目標。
でも、達成するしないは別として頑張りたい

【世界から猫が消えたなら】 読了しました
この本に関して、Amazonさんのカスタマーズレビューは両極端だった。
因みにレビューを参考にして本は選んでいない。
むしろ自分の読んだ本を、他の方々がどんな風に受け止めたかに興味があって、
ちょっと覗かせていただいている感じかな
この本は楽に読める本だった。
【ソロモンの偽証】は読むのに苦痛に伴うくらいだったのに、
この本は本当に楽に読めてしまうので、人によっては拍子抜けしたと思う。
物足らなさも感じたと思う。
その辺りが両極端の原因かな
重い哲学的命題をお手軽にライトノベル風に書いているから、
テーマと雰囲気が乖離しているという風にとらえた方もいるだろうし。
でも、それは好みの問題なんで何とも云えないかなぁ~。
考えようによっては、重いテーマを重く書くよりも、
軽くさり気なく書く方が難しいとも思うけど。
(その試みが失敗しているというレビューもあったかも)
まあ、私が偉そうに評価させていただくなら、☆が3つくらいかな。
悪くないんだけど、もう少しパンチが欲しかったから
この本は私の中ではファンタジーの位置づけですが、
実際のところはどういう分野の本なのかは定かでなない。
これってファンタジーじゃないのかな
感想ってほどじゃなくて申し訳ないですが、ちょいと書いてみました。
作中に出てくる猫のキャベツくんは非常に可愛いですよ
61ZOYY1I6QL.jpg

さて、秋の大会ですが、しくじりました
巨峰の丘マラソン、まだまだ大丈夫だと思ってごゆっくりしていたら、
いきなりエントリーが締め切られていました
最近は油断しているとすぐに締め切られるので、
興味があったら即エントリーしないとダメですね・・・・。
正直迷っているヒマがないというプレッシャーが半端じゃないです。
このブーム、いつまで続くんでしょうね。
ウルトラマラソンさえ、即日完売のご時世です
代わりの大会を探すか、9月は練習に専念するか、
今迷っているところです。
10月の甲州フルーツマラソン大会(10/16)は参加しようかな。
金沢の1週前だから迷っていたんだけど、
山梨県を制覇したいという気持ちもあるしね。
ただ、あざいお市マラソン(10/9)のエントリーも迷っていて・・・・
迷っているうちにコチラも締め切られそうだけど・・・・。
滋賀県も制覇していないから余計に悩みます

今日のオマケ画像は、いつの間にか
田実ちゃまより大きくなっていた陽夏(ひな)ちゃまです
縦にも横にも大きくなりました
13465994_1065514033543193_3610044406024854643_n.jpg

6月も終わろうというのに、6月中旬よりエントリー開始予定だったはずの、
いしのまき復興マラソンのエントリーが、未だに開始されていません。
事務局に問合せてもいいのですが、多分問合せ電話が殺到しているでしょうから、
このまま静観しようと思っています。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
祖父母を偲ぶシーズン
2016年06月22日 (水) | 編集 |
昨日おかやまマラソンの当落が判明いたしました
トマシーナは、目出度く当選致しましたよ

先日の金沢マラソンに続く吉報に、素直に喜んでおります。
今シーズンは奇しくも、祖父母を偲ぶシーズンとなりました。
岡山には私の父方の祖母の実家がありました。
その縁で父は戦時中は岡山へ疎開しました。
高梁の方だったと聞いておりますが、正確にはどの辺りかは知りません。
実は一度も岡山へ行ったことがないのです
そのこともあり、今年は是非おかやまマラソンを走りたかったのです。

8月~11月の日程はかなり固まってきました。
 8月 7日 信州爆水RUN in 依田川
 9月18日 山梨市巨峰の丘マラソン大会
10月16日 甲州フルーツマラソン大会(エントリー悩み中です
10月23日 金沢マラソン
11月 6日 いしのまき復興マラソン(未だにHPが更新されていません
11月13日 おかやまマラソン

さて、結構読み応えのある【ソロモンの偽証】を読了しましたので、
本日からかるーい本を読んでおります。
まだ、導入部を読んだだけですので、特に感想はありません。
この本は以前から興味があったのですが、
なんとなーく敬遠しておりました。
題名がキャッチー過ぎるので、かえって手を出しにくくて
でも、一緒に並んでいた本の表紙の猫に心惹かれて買いました

世界から猫が消えたなら
私は多分生きられないな。だって、私は妖怪ねこまただから。
眷属がいないねこまたなんて気の抜けたコーラでしょ
61ZOYY1I6QL.jpg

カスタマーズレビューを見ると、結構両極端な評価ですね。
この本だけなら買わなかったんだけど、
これが一緒にあったからついついね・・・・
世界からボクが消えたなら
61yvcSy6nGL.jpg

この本の表紙の猫が、あまりにもなちゅに似ていたので、
だからついついね、買ってしまったのです。
似たような理由で買った本が、過去にもたくさんあったなぁ~。
トラ猫ミセス・マーフィシリーズ(ミセス・マーフィがチョロに似ていた)とか、
図書館ねこデューイ(デューイが茶々丸に似ていた)とか・・・・。
私ってもしかして親バカなんだろうか・・・・。
ということで、ちょっとライトノベルを読んでおります。
この本の感想を書くかどうかは定かではない・・・・

6月はちょこちょこと走って、ようやく何とか70キロです。
5キロを4分台後半で走れるようになりたいんですが、
なかなかスピードアップ出来ません。
アシも動かなければ、呼吸も苦しくて苦しくて・・・・。
でも、メゲずに地道に努力したいと思います
最近のランのお供は、このPEACE RUN Tシャツです
私にしては珍しくピンク
なちゅはオマケの登場でした
13450110_1064727593621837_2220836844392559073_n.jpg

おかやまマラソンも、宿泊で苦戦中です。
また、頑張ってお宿を探します。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ
読了しました!
2016年06月21日 (火) | 編集 |
【ソロモンの偽証】を読了しました

文庫本で6冊
文庫発刊当時に購入していたにも関わらず、
2年近く放置し、ようやく読了しました。
読了した今の気持ちは、
何故もっと早く読まなかったのだろう
なのですが、この気持ちの最後につくのはなのか、
それともなのかは、私の中で判然とはしておりません。

第Ⅲ部の法廷で、私は何度も目頭が熱くなりました。
この法廷での証言は、一般の法廷での証言とは違っているように思いました。
もちろん事件の事実関係についてのやり取りもありますが、
むしろ証言を通じて、それぞれが自分の本当の気持ちを語る場だった気がします。
偽証・・・・この本で言っている嘘って、一体どういうものなんだろう
中学生だって大人だって同じ、自分が生きていくために、
知らず知らずに嘘をついています。
そうしなければ・・・・自分が生きていけないから
人って他人に対してというより、
自分に対して偽ることの方が多いのではないでしょうか

無気力で目立たない人間を装ったり、
深い心の傷と向き合わずに明るく過ごしていたり、
他人への嫌悪感を隠していたり、
他人への嫉妬心を隠していたり・・・・とにかくいろいろです。
でも、それって当たり前のことで、罪とまでは云えないと思います。
問題はその心の奥底に秘めていた気持ちが、
しばしば暴走を始めてしまうことです。

私はこの法廷での証言を見ていて、
まるでカウンセリングのようだと思いました。
自分の本当の気持ち(しかも他人には知られたくない)を、
他人に話すことは非常な苦痛を伴います。
カウンセリングもこの法廷での証言同様、
決してお手軽な癒しではない のです。
でも、自分の本当の気持ちを言語化し、
第三者にきちんと受け止めてもらうことによって、
人は自分を取り戻すことが出来る(自律的に生きられるようになる)と思うのです。
(ネットでいろいろ検索したら、やはり裁判というよりカウンセリング
と書いておられる方がたくさんいらっしゃいました)

少し面白いなぁ~と思ったのは、
この法廷で被告人となっている大出俊次少年、
彼だけは一貫して嘘を付いていないのです。
但し、彼は父親に暴力で支配されている少年なので、
逆に外では自分が父親のように暴力的になっています。
そして、被害者と目されている柏木卓也少年、
彼も一貫して嘘を付いていないのかと思ったのですが、
最後の最後で考えが変わりました。
彼は欺瞞に満ちた世界に生きていても仕方がない、
だから自ら死ぬことを選んだ・・・・ということなのかと思っていたのですが、
それはあくまでもポーズ(彼の強がり)だったのだと、
読了した今は思っています。
むしろ犠牲者と云われた彼が一番偽っていたと感じています。
そして彼の偽りが、たくさんの人を深く傷つけたのです。
彼は小さな仙人だとしばしば作中で表現されていましたが、
むしろ仙人の名に相応しいのは別の人物だと思いました。

小説を読んだ方、あるいは映画をご覧になった方にしか分からないので、
ちょっと申し訳ないのですが、私のお気に入りキャラを書いておきます。

◆野田健一少年(弁護人助手)
 裁判を通じて一番成長したのは彼なのかも。
 無気力を装っていた彼が、本来の自分を取り戻す話としても面白い。
◆竹田和利少年(陪審員長)
 高身長のバスケ部のエース。
 非常に温かい心の持ち主で人望がある。
 一時バスケ部に籍を置いていた橋田祐太郎少年の証言を聞き、
 彼が思わず云った一言が心に響いた。
◆山崎晋吾少年(廷吏)
 中学生ながら、既に心構えは武道家。空手の有段者。
 無口だがきちんと人の心の動きを観ている。
 礼儀正しく頼もしい。そして、人に対する労りの心を持つ。
 小説には彼の独白部分があり、非常に秀逸な章だった。
 映画ではこの役を私の知人の息子さんが演じられたことを、
 つい最近知りました

柏木卓也少年は、普通である勇気がなかった気がしています。
特別でなければならないという妄執に囚われていたのかな
柏木卓也の兄 宏之が最後の方で、卓也という呪縛から解き放たれる場面があります。
そこで彼が自分は特別でなくていいと、述べているのが象徴的ですね。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ