ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年11月29日 (金) | 編集 |
本屋さんの平台は時代を反映する

ヒマがあれば本屋のハシゴする私は、いつもそう思う。
字が読めるようになってから、
あまり本を読まない時代もあったけれど、
常に私の傍らには本があった。

大好きなものは本とお酒と猫

大学の卒業アルバムに添えた言葉である。
本当は珈琲も加えたかったのだが、語呂が悪いのでやめた(笑)

とにかく私は本屋に通い続け、平台を見続けてきた。
平台に並ぶ本の雰囲気は驚くほど変わった。
ミステリーの分野だと分りやすいかもしれない。
猟奇的犯罪を扱った翻訳物は極端に減り、
可愛らしい装丁のコージーミステリーや
日常の謎系ミステリーにその場を譲った。
児童書にのみ多かったファンタジーは、
いつの間にか全世代が親しむものとなっていた。
妖怪物(しゃばけシリーズの功績は大きい)が、
ひとつの分野として確立されたのも、
大きな変化と言っていいだろう。

さて、『真夜中のパン屋さん』である。
昨日はシリーズ全巻を大人買いはしなかった。
2冊だけを購入して帰った。
私が『真夜中の~』に強く魅かれたのは・・・・
パン屋さんが大好きだから
というこれまた実に単純な理由
因みに私が好きなパンは、惣菜パンではなく所謂菓子パンである。

私は10歳まで仙台で暮らした。
宮城県沖地震が原因で、市内を3箇所転々としたのだが、
一番懐かしいのは生まれてから小学4年の1学期まで過ごしたN町。
その町にはたこ屋というベタな名前のパン屋さんがあった。
たこ屋の食パンは絶品だった。
長じていろいろなパン屋のパンを食べたけれど、
幼い時に親しんだ味は忘れがたく、未だに私の中ではナンバー1である。

あのたこ屋はどうなったのだろうか?
まだあの町にあるのだろうか?
気になってネットで検索してみたが、
蛸屋という和菓子屋がヒットしたのみ。
あのたこ屋と同じなのだろうか?
地図を見ても私には分らない。

N町は様変わりした。
昔ながらの商店街は姿を消し、
イマドキなショッピングモールとなったそうだ。
少し淋しいが仕方がない。
様変わりしたN町には、居場所がなくなった店も
多かっただろうと思う。
あのたこ屋もそのひとつであるかもしれない。

私が子どもの頃に好きだったのはクリームパン
茶々の毛色はクリームパンの色だね
1476706_541590975935504_682247218_n.jpg

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

[READ MORE...]
スポンサーサイト

2013年11月28日 (木) | 編集 |
『真夜中のパン屋さん』を探しに本屋へ行った。

でも、持ち帰ったのはまったく違う本だった。
しかし・・・・久し振りにこの会社の本を手に取ったなぁ~。

ポプラ社さんは児童書の老舗
多分子どもの頃には相当お世話になったに違いない。
しかし・・・・四十路のおばちゃんになっている私には、
まるで縁がなかったのだ。
そもそもなんでポプラ社なのか・・・・
それは探していた『真夜中の~』がポプラ社さんの本だったから。
実に単純明快だねぇ~(笑)
ポプラ社のコーナーでその本を眺めていて、
なんとな~く持ち帰りたくなったのだ。
多分それは、私は図書館が大好きな子どもだったからだろう。
持ち帰ったのは、『晴れた日は図書館へいこう』という児童書。
よく立ち寄る本屋で平積みされていたから、
大分前から存在は知ってはいた。
昨日驚いたのはそれがポプラ社さんの本で、
しかも児童書という括りだったことなのだ。
『晴れた日は~』は、その本屋さんでは、
大人が読む本として平積みされていた。
つまり大人が読んでも読み応えがあるってことだろうと判断した。
『ハリー・ポッター』シリーズだって児童書の括りだったけど、
大人の読者が相当たくさんいた。
(むしろシリーズ後半は子ども向けとは思えなかった)
読む価値有りでしょ

この『晴れた日は~』シリーズは2冊出ていた。
昨日はそのうちの1冊を読了。
一応(笑)児童書のなので、スラスラ読める。
妙にあざとい表現もなく、言葉がダイレクトに頭に入ってくる。
この感じ、キライじゃないね
主人公の小学5年のしおりちゃんには、かなり感情移入出来たし
本好きなのに読書感想文が苦手なしおりちゃん、
私もそうだったんだよぉ~って、話しかけたくなってしまった。
だって面白い本の感想なんて、ダラダラ書いたら嘘くさくなってしまうもの。
主な舞台となっている町の図書館がステキで、
こんな図書館なら通ってもいいなぁ~って思えたし。
とにかくスタッフが素晴らしいのです。

この本は日常の謎系のミステリーです。
その謎自体はさして難解なものではありません。
(勘がいい人ならすぐにわかるかな?)
むしろ本を通じて見えてくる、人と人との繋がりや
出会いこそが面白いと感じました。
感想文はキライですが、ちょっと思ったことを書いてみました。
この本を読んで、久し振りに図書館に行ってみたくなりました

実はわたくし トマシーナは、図書館司書資格を持っております。
(博物館学芸員の資格も持っています
いつか図書館で働くのも面白いかなぁ~
本当は文章を書くことを仕事にしたかった私。
それは叶わなかったけれど、こうやってブログを書くことは出来ました。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


2013年11月27日 (水) | 編集 |
ここ2~3週ほど、何となくこのドラマを観た。

別に観ようと思って観ているわけではないので、
一生懸命は観ていない。
でもなかなか面白いなぁ~って思った。
ドラマ以前に、原作が本屋で平積みになっている時から、
ちょっと気にはなっていた。
書名の『真夜中の~』って結構インパクトがあるもんね~。
ドラマを観ていて、ちょっと原作が読みたくなった。

ある日、街の片隅で生きてきた他人同士に縁が生じて、
いろいろあるんだけど、何となくそれぞれがあるべき場に収まっていく・・・・
そういう話は大好きなのは、
自分があるべき場を探し続けているからかもしれない。
私には殺伐とした心が重たくなるようなお話は読めない。
それでなくても現実は重たいのだから、
せめてお話の中だけでも夢を見たいと思ってしまうのだ。
『真夜中のパン屋さん』、きっと近日中に全部買って読むと思う。

因みにある日突然に縁が生じて家族になるって、
我が家の猫たちもそうだよなぁ~
猫たち同士を考えても、まるで赤の他猫なんだけど、
いつの間にかお互いに家族になっているもんねぇ~。
まあ、猫たちにしたら人間家族も猫家族も、
ただ単に同居人だと思っているかもしれないけれど・・・・
まあ、それはさておき・・・・
家族って血縁だけで形成されるものじゃないよね。
血縁関係があっても家族として成立しない
機能不全家族について考える時、特にそう思う。

産んだ覚えはないだろうけど、
田実にとってトマは母親のような存在。
淋しくなると母に甘えにいく田実である。
1471959_540174932743775_78751926_n.jpg


この子は甘えん坊でしょうがないわねぇ~と言いながら、
田実をグルーミングしているのかな
見ていて和む風景です
1480594_540174999410435_1833749408_n.jpg


トマは現在リンパ腫で闘病中。
免疫力も落ちているだろうから隔離も考えました。
でも、それはかえってストレスになるだろうと思い、
常と変わらぬ生活をさせています。
おかげで弟妹たちに甘えられて大変
1463133_541590999268835_2063793208_n.jpg


さて、トマ嬢ですが・・・・
連日のようにトイレ以外で排尿しています。
この問題行動の原因はなんだろう?
通院ストレス、イサナの不在による不安など、
思い当たる原因はあるけれど、それだけなのだろうか?
フェリウェイなどを使ってみようかとも思いましたが、
知り合いの獣医さん曰く、『ほぼ効果なし』だそう
抗癌剤治療の副作用による出血性膀胱炎かもしれないので、
一度担当医に相談するよう、アドバイスを受けました。
膀胱炎などという可能性を考えていなかったので、
ちょいとビックリしました。
そんな副作用もあるのですねぇ~。
因みにトマは血尿ではないです。

いずれにしろ、トイレ外排尿の問題行動は、
一筋縄ではいかないでしょうね。
イサナの帰宅で猫トイレの設置場所も変えざるをえないので、
更なる悪化も懸念されますし・・・・
実に悩ましい状況でございます

テンプレートをクリスマスヴァージョンにしてみました
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


2013年11月26日 (火) | 編集 |
今シーズンは古都を走るシーズンとなった。

諦めていた京都マラソンに追加抽選で当たったのだ
家庭の事情もあるのであまりエントリーできなかったが、
これから走るのは以下3レースです。

12月8日(日) 奈良マラソン2013
2月16日(日) 京都マラソン2014
3月23日(日) 能登和倉万葉の里マラソン2014 

残念ながら奈良マラソンについてはまるで準備が出来ていない。
走りこみはまるでしていないし、体重も増えたままだ
ただ、このところのゴタゴタで放置していた身体のメンテナンスは、
接骨院に集中的に通うことで出来ている。
走る度に故障という状態からは抜け出せるかも。
両踝の状態もかなり良くなってきている。
奈良は取り敢えずゆっくりしっかり走ってこようと思う。
あとの2レースは、少しでも状態を上げて臨みたい

奈良の宿泊はユースホステルにしたと以前書いたが、
京都と和倉もようやく決った。
京都はスタート地点の西京極総合運動公園への移動も考慮し、
阪急の沿線にあるゲストハウスをセレクトした。

私とゲストハウスの出会いは、今年の誕生日
友人と京都レイルを楽しんだ際に、面白そうなので初めて利用した。
友人は街中の山小屋と言っていた。言い得て妙だと思った。
だって山小屋は基本相部屋だもの。
その時は二人だったから、男女混合ドミトリー(相部屋)だったけど、
今回はひとりだから多少不安・・・・
たまたまそのゲストハウスにシングルの部屋があったので、
そこを予約した。ゲストハウスにシングルは珍しいよねぇ~。
基本素泊まりの簡易宿泊所だから食事はなし
なので夕食や朝食は、どこかにフラッと入ってみようと思う。
コチラに泊まります  気楽INN
このゲストハウス・・・・なんと猫さんがいるのです
そこも大きなポイントでした

そして能登和倉・・・・昨年より大会参加者が大幅に増えたらしく、
和倉温泉ではまったく宿泊が確保できずぅ~
マラソン当日に金沢からシャトルバスが出るので、それを利用することにした。
つまり宿泊は金沢なのですぅ~
しかもお調子こいて21日から2泊致しますの
やっぱりゲストハウスを押さえました。
とっても有名なゲストハウスで、利用者からも好評価されている
コチラ  金沢ゲストハウスPongyi
金沢で2泊、大好きなブログ友だちのゴンゾさんに会えます
実はマラソンよりそっちがメインじゃないかという気もする(笑)
あっコチラのゲストハウスでは女性専用ドミトリーを利用します。

マラソンもゲストハウスも、そして神社仏閣巡りも楽しむ積りです。
だって!奈良に京都に金沢ですから
因みに金沢では2015年からフルマラソンが開催されます
勿論エントリーする気満々ですよ(*^^)v

実は家庭の事情もあるし、私自身が足の疾患に苦しんでいるし、
もうマラソンは今シーズンで止めようと思っていました。
でも、一番完走したかった松島ハーフでDNFだったのが、
本当に本当に悔しかったのです。
(コレが理由でしばらくかなり落ち込んでいました)
松島ハーフの2週間後に走ったナゴヤアドベンチャーマラソンも、
足の状態が響いて、残り10キロを歩いてゴールする始末。
そして、右に続いて左も故障しました。
だから地元開催のクォーターマラソンはDNSの積りでした。
棄権する積りで会場まで行ったのに、何故か走ってしまい、
そして制限時間ギリギリで完走しました。
私は思いました。
私は純粋に走るという行為が好きなんだ

だからもう少しだけ頑張ってみようと思います。
足の状態が改善しない限り、私は速く走ることが出来ません。
いまだに5時間を切れないヘタレスロージョガーですが、
精一杯 一歩一歩に祈りを込めて走ります。
私にとって走ることは祈りなのです。

ねこまたは走り続けるのです
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


2013年11月25日 (月) | 編集 |
イサナは退院後も
しっかりリハビリをしたがっている


見上げた向上心だと思う。
確かに退院後コワいのが、状態の維持が出来なくなることだ。
だから、ケアマネさんにもその方向でお願いしている。
私の勝手な考えだけど・・・・。

月・・・・訪問リハビリ
火・・・・デイケアサービス
水・・・・訪問リハビリ
木・・・・自主練習(私が早く帰宅して一緒に)
金・・・・デイケアサービス
土・・・・自主練習(お散歩しがてら私と一緒に)
日・・・・一応お休み、気分が乗ったら自主練習

こんな感じで組み立てられないかしらねぇ~。
勿論、私以外の家族にも積極的に協力してもらいたい。
昨日歩く様子を見てきたけれど、
病院の廊下を2週する僅か160mが大変なんですよ
それでも要介護1にしかならないのが現状です。
それだけ介護サービスを受ける人が多いということです。

住宅の改修は主治医の指示どおりに
3箇所(玄関・トイレ・脱衣場)に手すりを設置するのみ。
生活をする上で必要を感じたら追加工事を実施します。
今回の工事でかかる費用は、55,000円
一割負担なので5,500円が自己負担です。
改修費用は介護保険で20万使用出来ますので、
あと145,000円余裕があります。
そして市からの助成が10万円まであるそうなので、
245,000円が実際に使える金額です。

お風呂で使用する肌に直接触れるようなものは、
レンタルが出来ないので購入となります。
これも1クールで10万円まで介護保険で賄えます。
段差解消のためのスノコが一番高いかなぁ~。
お風呂の洗い場に2枚敷きます。
浴槽に入る際の補助となってくれる可動式の手すりや、
バスボード(コレに座って浴槽内へ入る)も必要リストに入っています。
あと(洗い場で座るための)シャワーチェアーや、
(お風呂内で座るための)バスチェアもです。
当たり前に行っていたお風呂に入るという行為が、
とってもとっても大変なんですよね。
多分お風呂で使う用品で、今回のクール分は消化しちゃうかな?

因みに要介護1だと介護ベットや車椅子は、
介護保険ではレンタル出来ません。
要介護2だと対象になるんですよねぇ~。
実は1と2の差はとってもとっても大きいんです
そして最近は要介護2はあまり出してもらえないそうなんですよ。
介護認定員の方も確かに言っていましたからね。
認知の低下が見られない場合は、思ったより低く出ます ってね。
アレは親切で言ってくださったんだろうと思っています。

で、ベットはですね・・・・ケアマネさんの提案もあり、
主治医に意見書を書いてもらうことにしました。
ダメ元でベットは絶対必要だから(事実必要なんです)、
介護保険でレンタル出来るようにお願いしますって、
申請します。却下されたら実費でレンタルするだけですのでね。
そして車椅子は社会福祉協議会でレンタルすることにしました。
現在4~5台ほど在庫があるそうで、
その中からイサナになるべく合うサイズを選びます。
申請には特に何も必要ないらしいですが、
但し1ヶ月毎の更新になるそうです。
あー、やる事が本当にたくさんあるんですよねぇ~

しかし、いろいろ問題があると言っても、
介護保険制度があるのは有難いですね。
昔の方たちは何も公的な扶助がない中で、
家族だけで頑張ってこられたんですから。
日本という国はやっぱりいい国なんだなぁ~って思います。

どんなプランが本人にとって楽しめるのか?
それも大切だと思う今日この頃です。
失ったものを嘆くよりも、残されたものを喜ぶ・・・・
これは交流分析の先生が仰っていたことです。
コップの水を例に話されていました。
コップいっぱいの水が半分になったからと嘆くのか!
それともまだ半分もあるんだ!と思えるかなんですよね。
それが人生態度に直結していくのでしょうね。

あまり背負い込まないようにしようと思います。
残念ながらキャパはあまりないようですので(笑)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


2013年11月25日 (月) | 編集 |
もうすぐ師走ですね・・・・

そして街はクリスマスカラーに彩られています
名古屋駅のナナちゃんもサンタの衣装に衣替えしておりました
1480769_540159806078621_1084608795_n.jpg


ナナちゃんはいつ見てもナイスバティだわっ
999284_540159772745291_886817892_n.jpg


トヨタホームリンクもクリスマスしていました。
あんまり滑っている人はいなかったけどね・・・・
1453375_540325062728762_423987963_n.jpg


今年は滑りに行ってみようかなぁ~。
でも四十路のおばちゃんが一人で滑りに行くのって・・・・^^;
上手ならまだしもだけどさ
1456003_540325049395430_2019061812_n.jpg


週末の上天気を利用して、自宅の庭木の剪定をしました。
土曜日は6時間以上剪定しまくっていましたが、
木登りが下手な私には、上の方の枝の剪定は無理でした
これは茶々丸が登っていたクロガネモチの木です。
1472960_540763502684918_1656309769_n.jpg


これはベランダ側にあるケヤキの木。
伸び伸びと育ててあげたいけれど、この木を伝って
ニャンズが2階のベランダに行ってしまうので、
ベランダ側に伸びている枝は、心で詫びながら切ります
この木をクリスマスイルミネーションしたら綺麗かもしれない
でも・・・・そんな余裕は私にはないのよね。
この週末にはイサナのお試し外泊の受入れと、
トマの通院・・・・そしてR叔母の七七日忌とありまして
イサナのために自分の部屋を空けなければならなかったりもするので、
体がいくつあっても足りない状態です。
実は今、介護休暇を申請する方向で考えていたりもします。
1452213_540763452684923_728263489_n.jpg


当初イサナの介護ベットは、私の部屋に入る予定ではなかったのです。
だからごゆっくり構えていたのですが、やはりこうなったか・・・・
実はちょっと予感していたのですよね。
週末の対応が間に合わないので、トマの通院を別日にしようと思っています。

そしてトマ嬢・・・・実に困ったチャンです。
免疫性の皮膚病がいよいよヒドくなってきました。
患部が頚部にまで広がりました
相変わらずトイレ以外の場所で排尿しまくっています。
正直対応策はありません・・・・
怪しい様子が見られたら、人間が付いて回って監視していますが、
それも限界があり、結局やられてしまいます
体の不調で不安なのか、人にはやたら甘えるようになりました。

可愛いらしいお顔で母に甘えております。
顔のハゲは皮膚病によるものです。
痒みがあるらしく、それでイライラしているようです。
1466100_541080769319858_948387655_n.jpg


母がもう治療は止めにしたら・・・・と言います。
正直トマのストレスも相当だし、兄や私も大変です。
でも、まだまだ止める決心はつきません
少なくとも年内は踏ん張りたいと思っています。
出来る限りのことはするなんて、カッコいいことは言えません。
ただ、マラソンで言えばまだまだ序盤だから、
せめて35キロまでは行きたいと思うのです。
どんなゴールにするのかは、まだまだ考え中です。
一気にラストスパートするのか
歩いてでもいいからゆっくりゴールするのか
1452067_541080745986527_1552696065_n.jpg


それでもやっぱりメリークリスマスって言いたいね
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


2013年11月22日 (金) | 編集 |
先週くらいから喪中欠礼のハガキが届くようになった。

街はいつの間にかクリスマスの装い変わり、
ついこの間まで軽装で歩いていたのに、
コートを着ている人が目立つ季節となった。
そうか・・・・もう11月も終わるんだね。
忙しい師走はすぐそこまでやって来ている。
年賀状もボチボチ考えなきゃいけないんだね。

昨日、ある方より喪中欠礼が届いた。
書かれていたのは知らない名前・・・・。
でも、すぐに分ったよ。
ああ、ぷりんさんの旦那さんからだ・・・・。
いつも私のブログに優しいコメントをくださっていたぷりんさん。
もう、ぷりんさんからコメントが入ることはないんだね・・・・。
喪中欠礼を手に取りながら、改めてそう思った。
まむちゃんやくっちゃ君は元気にしているだろうか?
時々今でもぷりんさんのブログを覗きにいく私。
もしかして、もしかして更新されてないかなっていう
ほのかな期待を抱きながらクリックする・・・・。
馬鹿だなぁ~って思いながら、それでもクリックするのをやめられない。

チョロが病と闘っていた時、
ぷりんさんはいつも優しいコメントをくださいました。
いつか会いに行こう!そう思っていたのに・・・・
結局それは叶いませんでした。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


2013年11月21日 (木) | 編集 |
しばらく猫ブログという記事ばかりだった当ブログ
このところは素晴らしく(?)猫ブログだったでしょ
なのでココらで少々脱線してもいいですよねぇ~
ということでちょいと(?)脱線しますね。
そもそも私のブログ・・・・カテゴリを見ても分るとおり、
雑記がやたら多いのですよ

11月14日(木)、仕事で久し振りにお江戸へ参りました。
仕事先がこの神社にとっても近かったので、
当然わたくしはお訪ね致しました

コチラに参りましたのっ
1457639_536128489815086_1874757691_n_20131118122610950.jpg


分りますかね
1468581_536128539815081_1097910094_n.jpg


この子たちも慰霊されています。
1463199_536129349815000_53846182_n.jpg


この子たちもです。
1456724_536129319815003_525778590_n.jpg


そう、靖国神社をお訪ねしてきました。
いろいろな考えの方がいらっしゃるのは分りますが、
私はこの場を騒擾の巷とするようなことは、
厳に慎んでいただきたいと思っております。
こちらには人も犬も馬も慰霊されているのですから。

インドのパル判事の顕彰碑もありました。
東京裁判の判事の一人、日本の立場を擁護する判決意見書を書かれました。
私の大学の卒論には、【東京裁判】が係っており、
その関係でパル判事の意見書は全て読んでおります。
この碑に刻まれた言葉は、実に示唆に富んでいます。
1452403_536130166481585_707900829_n.jpg


時が熱狂と偏見とを
やわらげた暁には
また理性が虚偽から
その仮面を剥ぎ取った暁には
その時こそ正義の女神は
その秤を平衡に保ちながら
過去の賞罰の多くに
そのところを変えることを
要求するであろう


靖国神社に行かれる機会のある方は、
是非パル判事の顕彰碑をご覧ください。
因みにパル判事は日本を無罪と言ったわけではなく、
【東京裁判】が欺瞞に満ちていると訴えられたのです。
ひとつは【事後法】による裁判であったこと。
また、裁く側も同じ罪を犯していること。
証拠物件や証言の取扱いが不公平であったこと。
これは東京裁判の経緯や判決文を読むとよく分ります。
戦後の【東京裁判史観】と戦前の【皇国史観】は、
どちらも論理や理性に欠けており学術的ではありません。
正反対のようでありながら、よく似ているのです。

【東京裁判史観】を否定すると、
以前はよく軍国主義者扱いされました。
最近は世論が激しく反対方向にブレたらしく、
むしろ私がドン引きするくらい過激な方たちも多いです
いろいろな意味で振幅が激しいのは、国民性なのでしょうかねぇ~
(何に関するものかは言及しませんが)
東日本大震災後の世論にもそれを感じます。

すべて否定されるべきものであったのか?
肯定されるべきものもあったのではないか?
そういう物の見方もあってしかるべきだと考えます。
未曾有の大敗戦から目を背けた結果が今の現状です。
【東京裁判】だけが問題ではないのですよね。
寧ろ個々人の意識の問題なのかもしれません。
国と国との問題には駆け引きも必要です。
言われるがままに謝罪するのはナンセンス
歴史教育は非常に大事と、一歴史学徒は思っております。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。