ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切ない
2013年07月29日 (月) | 編集 |
久し振りに本を読んで泣いてしまった。

実は私・・・・本を読んで結構泣きます^^;
子どもの頃は『赤毛のアン』のマシュウが亡くなるくだりで、
いつもいつも泣いていました。

で、なんの本で泣いたかと云いますと、
宮部みゆきさんの『あんじゅう』です。
あんじゅうとは暗獣。
人の住まなくなった屋敷の気が作り出した生き物。
人を恋う屋敷の淋しさが作り出した存在。
その屋敷に住まうようになった老夫婦とあんじゅうの交流は、
とても微笑ましい。あんじゅうは頑是無い子どものように、
優しい少し変わった老夫婦に懐く。
でも屋敷の淋しい気が作り出した存在には、
人の気に触れることが毒になる・・・・
あんじゅうを愛しく思う老夫婦は、別れを決意する。
あんじゅうは人をひたすらに恋いながら、
人と共に暮らすことが叶わない・・・・とても切ない。
あんじゅうとの別れのくだりは、とにかく泣ける。
これ以上は書かない。
もし興味が湧いたら是非読んでください。

表紙のイラストの黒いソラマメのような子があんじゅう。
老夫婦はこの子に『くろすけ』という可愛い名前を付けていました。
猫は苦手で鳥が好き。
日の光には弱いけれど、星や月を愛でるのは好き。
優しい老婦人の教えてくれた手毬唄がお気に入り。
こんな可愛い子と別れなければならなかったんですね。
5153wryKIjL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

『あんじゅう』の後は、爽やかな青春小説を読了。
畠中恵さんの『若様組まいる』世が世なら若殿様として遇されるはずだった、
旧幕臣の家に生まれた若者たちが主人公の青春小説。
彼らの双肩には元家臣たちの生活もかかっており・・・・
そこで彼らは巡査になるべく試験を受け教習所に入るのだが、
大変な事件が起きて・・・・というお話。
個性的な若様たちがイキイキしていて面白い。
明治という時代の息吹も感じられる。
51ICWYxUrkL__SS400_.jpg

今は半七捕物帳の2巻目を読んでいます(^^)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

スポンサーサイト
半七捕物帳
2013年07月25日 (木) | 編集 |
時代小説にはまったのは、
小学校5年生の時だった。


5年生の時にはまっていたのは『水滸伝』
アレに出てくる英雄・豪傑にシビれた。
特に好きだったのは、黒旋風李逵花和尚魯智深だった。
幼い時から変わった子どもだった・・・・。
『水滸伝』は時代小説というより伝奇小説かな?
だとしたら本格的にハマッたのは、中学になってからだったかも。

何気なく手に取った小説。
その美しい文章と、人間に対する洞察力と優しい視点。
それは故・藤沢周平さんの獄医立花登手控えシリーズであった。
夢中になって読んだ!とにかく面白かった。
藤沢周平さんを読むまで、時代小説なんて眼中になかった。

その後、私はたくさんの時代小説作家の著書を読む。
吉川英治、池波正太郎、山本周五郎、山手樹一郎、
白石一郎、隆慶一郎・・・・
私の親しんだ作家は、もうすべて故人である。

時代小説の若い作家の著作も勿論読んでいる。
上手な書き手も多いのだけれど、
私が少し物足らなく思うのは、
江戸の香りがしないことかもしれない。
時代小説の書き手に限らず、最近の作家さんは、
少し冗長な感じがする。語り過ぎちゃうのかな?
そのためなのか、文章に奥行きや余韻がない。
想像の余地を残してくれるような文章が好きだ。

モノが溢れている現代の作家さんは、
前時代の作家さんに比べて不利なのかもしれない。
無駄のないスッキリとした文章は心が和む。
今読んでいる半七捕物帳は素晴らしい!
捕物帳の嚆矢と云われるだけのことはある。
江戸情緒にたっぷりひたりながら、
半七親分のようないい男が、どこぞにいないかと夢想する(笑)

私が蕎麦屋で呑みたがるのは、池波正太郎さんの影響。
(池波さんの作品に蕎麦屋で一杯という場面が多いから)
資生堂パーラーのハヤシライスにこだわるのも同じ。
(食通の池波さんの好物だったから)
デメルのソリッドチョコの猫ラベルが好きなのも、
それが藤沢周平さんの好んだものだったから
意外とミーハーなところがあるんですよ
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

テニス三昧
2013年07月22日 (月) | 編集 |
テニスを始めたのはいつだっただろう?

テニスを始めたのは確か26歳くらいだったかなぁ?
あまりに昔過ぎてスッカリ忘れてしまった
仕事の関係で一旦やめてしまったけれど、30代半ばに復活
今のテニススクールには既に8年以上(?)通っている。
私よりスクール歴が長い方はもう数えるほど(笑)
でも、それだけ通っていても相変わらず下手
長年やっていても会心のリターンなどほとんどない
所謂フレームショットが多いかなぁ~・・・・。
昔からそうなんだけど、私は下手なんだけど好きなんだよね

そのテニスを私はやめようとしている。
理由は昨年から始めたマラソン。
山にテニスにマラソンでは忙し過ぎて、自宅にいる時間も限られてくる。
どれかをやめようと思っていた。
このところのテニス三昧は、マラソンで溜まってしまったチケットの消化。
チケットを消化して、8月いっぱいでやめようと思っている。
でもねぇ~・・・・チケット消化のために集中的にテニスをしていると、
とっても楽しくて
なかなかやめる決心がつかない。
もう少しだけどうするか悩んでみようと思っている。



山友Hさんが8月いっぱいで今のお仕事を辞め、
新たな職場を探す決心をされた。
多分、その結論を出すまでいっぱい悩んだんだろうな・・・・と思う。
頑張って自分の居場所を見つけ出して欲しい。

私も何か違う!違和感がある!と思いながら、
いろいろな職場を経験してきた。
今もそんな思いを少なからず抱きながら仕事をしている。
フィールドワークに出たい・・・・そんな思いもある。
山友の決心を知り、私の心も少しばかり揺さぶられた。
そんな気持ちを落ち着かせるために、
私は『半七捕物帳』を手に取る。
岡本綺堂さんの名作は、妙に心が和むのだ。

レポートの続きはまた次回に
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

我が若き日の~有松宿探訪その1~
2013年07月19日 (金) | 編集 |
連休3日目は何故か部屋の片付けを始めた。

2月に事情があって断捨離をしていたトマシーナだが、
切迫した状況ではなくなったので頓挫していた。
いい加減きちんとしようと思い整理整頓を始める。
意外に時間が掛かり・・・・いまだに終わっていない(-_-;)

まあ、それはさておき・・・・
今日はその片付けの最中に見つけた、
四半世紀前のトマシーナの文章をご覧いただこうかなぁ~
これはある講座の夏休みの課題として提出したレポートで、
非常な高評価をいただいたものです(^^)なんと95点
今読むと若さ故の気負いを感じたりもし、
気恥ずかしくもあるのですが・・・・拙いながらもいい・・・・と思いました(笑)
折角なのでブログにアップしちゃいます。
実は卒論の草稿なんぞもありまして、コレもなかなかです(笑)
卒論の草稿はまた次回に・・・・
以下がそのレポート、ちょっと小さい字は現在の私のコメントです。



 「宿場・宿駅について」という論題には、
正直云って頭をかかえてしまった。
私は卒業論文の内容として、日本の文化史を考えており、
それに近現代史の方面からアプローチしている。
その私が、近世の江戸、しかも交通史という分野のレポートに、
かなり手を焼くのは当然だと思う。
一体どこからアプローチするべきなのか、
と考え込んでしまったのも無理のないことではないだろうか?
そこで、私は思い切って、有松宿を訪れてみることにした。

この序の部分、実にいいですねぇ~(笑)
大学4年の夏に書いたレポートだから、卒論に関しても言及しているんだ。
しかし、いきなりレポートに手を焼いているって素直に書く私って(^_^;)
有松宿を訪れてみることにしたという文章を見て思った。
この頃から私はフィールドワーク志向だったらしい(*^^)v


 私が有松宿を訪れようと思いついたのは、私の家から有松が近いこと、
鳴海に伯母が住んでいるので、伯母を訪ねる度に、
車中からあの町並を見ていて自然親しみを持っていたからだろう。
但し、今回の様に目的を持って見ていたわけではなかったので、
全く見落としていたことが、たくさんあった。

有松は今でも大好きです
あの古い町並を見ていると癒されます。
ビルの立ち並ぶ地域で働いておりますが・・・・私は高層ビルが苦手です


 私はまず宿場の範囲を確かめようと思った。
これは、授業で教わった、宿場の始めと終わりにある桝形を探せば、
容易に確認できると思った。
ただ、道路の形状が、江戸時代そのままではないので、それが心配だった。
 調べてみると、町を流れる藍染川という川にかかっている、
まつのね橋という橋が、どうやらそうらしかった。
名称がそうらしいし多少桝形の形状が感じられた。
 これは偶然正しいことが分った。
有松祭(10月の第1日曜日に行われる、有松天満社の祭礼、隔年)に
使用される山車が展示されている山車会館で、祭りの模様を説明する
ビデオを見せてもらった。
そのビデオの中で、山車はカラクリ興行が終わった後、町の外れにある
まつのね橋まで行き、そこでシャギレ(車切か?)を行って反転して、
町の外れにある天満社まで再び戻る旨説明があったからだ。
もう1つの桝形を確認するために、私は天満社方面に向かった。
天満社は町並から外れた位置にあるので、枡形はおそらく藍染川にかかっている
かまとぎ橋だろうと判断した。
 多分、まつのね橋からかまとぎ橋までが、有松宿の範囲だと思うが、
これは私の予想以上に小さな範囲だった。直線距離で1.2キロぐらいだろうか?
中山道の妻籠や馬籠宿に比べると、大分小さいのではないだろうか。
 また、町を歩いていて気が付いたのだが、宿場なら当然あるはずの建物が
見当たらなかった。本陣や脇本陣といった宿泊施設に相当する建物がなかったし、
陣屋らしいものもなかった。そして、いわゆる岡場所的なところもなかったように思う。
あったのは、有松絞関係の商店と、山車をしまっておく山車倉くらいのものだった。
 以上、多少有松宿で気が付いた点について述べた。これからは、本格的な論述に入りたい。

私は今でもフィールドワークを大切にしています。
現地現物主義と言ってもいいかなぁ~。
この時も一生懸命アンテナを張っていたようですね(^^)
講義も熱心に聴いていた、真面目な大学生だったみたいだしぃ~(笑)
ところで文中に出てくる桝形ですが、古い町並には必ずありますので、
ちょっと気を付けて観察してみてくださいね。
それまでまっすぐに伸びていた道が、急に90度に2回折れ曲がるのです。
そこはもう町外れです。町外れには寺社が有る場合もあります。




さて、レポートはこれからが本題ですが、
長くなりますので、続きは次回にぃ~(^^)/

今日のお写真はネックレスをするトマと田実です
今回も茶々の写真はない・・・・

トマちゃんはゴージャスなトルコブルーのネックレス(^^)
これはあまりに素敵なんで、母も欲しがりました。
人間が使用する場合は、服の裏から安全ピンとかで固定するとよいかも。
因みに真珠のネックレスなんかを、スカーフ留にするワザもありますよ。
これでも以前はジュエリーアドバイザーでしたの
178998_477874692307133_64363343_n.jpg


田実ちゃまは可愛らしくオレンジで(^^)
愛らしさが3倍増しですのよぉ~
以前はすぐにガジガジしてくちゃくちゃにしちゃったんですが、
最近は付けることに慣れてきたようです。
我が家のニャンズは幼い頃から首輪トレーニングをしております(*^^)v
1045118_477872932307309_803897400_n.jpg


ちょっと記録しておきたいと思って、レポートをアップしております。
興味のない方はニャンズの写真だけでも楽しんでいってくださいね(^^)/

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

連休初日~トマシーナの何でもない日常~
2013年07月17日 (水) | 編集 |
3連休の初日は結構忙しかった

まあ、忙しいと言っても大したことはなかったけどね。
夏の朝は雨が降らない限りは、ニャンズとお散歩
涼しい朝のうちにお庭で遊ばせる。
この1時間弱の時間を、ニャンズはとっても楽しみにしている。

朝食後、出掛ける用意をして歯医者さんへ・・・・。
定期的に歯磨きチェック&歯のクリーニングをしていただいている。
今回の右上奥に小さな虫歯が見つかり、来月治療することに

歯医者さんから懇意にしている靴屋さんに向かう。
手には大きな風呂敷包み・・・・中身は靴の箱4つ。
全て修理を依頼する靴
内訳はパンプス2、サンダル1、革紐靴1。
5年以上履いている愛用品ばかり。
・・・・靴屋さんに向かうもまだオープン前だったので、
以前から行きたいと思っていた地元の神社へ。
勿論大きな風呂敷包みは持ったままである。

その名も熱田神社です。
扱いとしては熱田神宮の何になるのかは不明
ご祭神は日本武尊。
日本武尊が東征のおり、この地で休息したことに因んで創建されたそう。
上段左は、その日本武尊の像です(^^)
写真では分りにくいですが、かなり広い敷地です。
コチラは大相撲名古屋場所の最中は、片男波部屋の方々がいらっしゃるようです。
片男波部屋の幟があるのはそのためです。
実際、私も何人かのお相撲さんをお見かけしました。
65924_475801402514462_1437539019_n.jpg


この日は拝殿で巫女研修もあって、
お神楽にあわせて舞う可愛らしい女の子たちがいました。
社務所に人もいらしたので、御朱印をお願いしたところ、
やっていませんとのこと。
でも某ブログには御朱印をいただけたと書いてあったけど
まあ別にこだわってないからいいけどねぇ~。

熱田神社を後にし靴屋さんへ。
靴屋の奥さんとは仲良しなので、
ひとしきりおしゃべりしてからお暇する。
その足で元山の愛好会会員のKさんのお店へ。
素敵な手作りの品物を扱っているお店でファン多数
私もうさぎのお雛さまと御伽犬、茶々丸の鯉のぼりなどを
コチラのお店で購入しました(^^)

うさぎのお雛さま(^^)
Image0091_convert_20110303113821.jpg


御伽犬その1 御伽犬はお守りなのですよぉ~。
Image0051_convert_20110303113848.jpg


御伽犬その2 お雛さまと一緒に飾られるのです(^^)
Image0061_convert_20110303113909.jpg


あっ・・・・茶々くんの鯉のぼりは写真がありませんでした・・・・

Kさんのお店でお茶をご馳走になりながら、
明日の木曽駒ヶ岳の話などする。
Kさんのお店に着くのとほぼ同時に、土砂降りの雨
いつも上手に雨を避けるわたくし

お昼前に辞去し帰宅。
昼食を食べて少々マッタリし、夕方からテニススクールへ
マラソンのため振替チケットが溜まってしまったので、せっせと消化中
テニスで程好く汗を流し、その後山ショップへ。
ツェルト設営のための細引きとコンプレッションバッグ、そして靴下を購入する。

トマシーナの日常をちょいと書いてみました。
そう忙しくはないですが、割りと動き回っておりまするぅ~(笑)
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

木曽駒ヶ岳~20年越しの登頂~
2013年07月16日 (火) | 編集 |
私は駒ヶ岳に何故か縁がなかった

日本には駒ヶ岳という名称の山が約20座あるそうだ。
私はそのいずれにも登ったことがなかった。
木曽駒と甲斐駒は機会があっても何故か流れる。
空木岳もそうだった
しかし空木は昨年何とか登頂を果たした。
日帰りで池山尾根をピストンするハードな山行で、
足の調子がかなり悪かった私は下山でつぶれた
初めて同行者に荷物を持ってもらうという失態を演じた
空木もいつか再挑戦したい山のひとつだ。
さて、話が逸れた。
今年はおかげ様で駒ヶ岳とようやく縁が出来た。
20年越しで登頂を果たした



木曽駒に初挑戦したのは20年前。
まだ山を始めて間もない頃だった。
その時の同行者は父のイサナ。
朝3時半頃に自宅を出発し、バスもロープウェイも始発に乗った。
順調に登山を始めたものの・・・・(おそらく)乗越浄土でイサナに異変が
寝不足でイサナに高山病の症状が出たのだ。
今の私だったら一人で木曽駒まで登っただろうが、
その時の私はそこまでの自信がなかった。
イサナと一緒に乗越浄土で撤退した。
以降、木曽駒ヶ岳には縁がなかった。

しかし、今回登って驚いた。
同じ山でもこんなにも印象が違うものなのだろうか?
実はイサナと行った時の記憶はほとんどないのだが、
木曽駒はしんどい山というイメージがあった。
今回はテント泊の歩荷訓練も兼ねて、
テントやシュラフ、そして水を2リットル持った。
総重量は10.5キロほど・・・・でも軽やかに登ることが出来た。
勿論スピードはゆっくり。
混んでいる山なのでそんなにスピードは出せない。
20年前より今の方が体力はあるらしい。
あちこちガタはきているんだけどね

今回ご一緒していただいたのは、山の愛好会の元会員さん。
健脚でいらっしゃるのだが、一応古希を節目に退会された。
この方には非常に可愛がっていただいており、
久し振りにご一緒させていただき嬉しかった
驚くなかれその方が集めた人員は19名
求心力のある素晴らしい女性なのです。
伊吹山には何度も登頂されており、もうすぐ100回になるはず。
100回の記念登山にはご一緒させて欲しいと思っている。

19名と言っても千畳敷散策組と登山組があり、登山組は15名。
そのうち木曽駒に登頂したのは8名だ。
乗越浄土や中岳までで終了した方も多かった。
決して天候も良くはなかったし、私たちはバスをチャーターしている。
運転手さんの拘束時間は13時間以内と決められており、
少なくとも2時には千畳敷まで下りていなければならない。
時間的にアウトになりそうな方々は、そのため途中で下山した。
宝剣岳は時間の制約により、今回もお預けになった。
次はロープウェイを使用せず、上松から登ってみたい。
その時には宝剣岳にも是非行きたいものだ。

13時半には下山。
先に下山していたYさんが、登頂組8名のロープウェイの
整理券を取ってくださっていた。
1時間程時間があったので、千畳敷の遊歩道も歩いた。
早足で歩いて25分弱くらい。やはり千畳敷は広いね~。
花は今年は遅いらしく、少なめではあったが、
私は駒ヶ岳と縁が出来たので、今回の山行には非常に満足している

初挑戦から20年ようやく頂上に辿り着きましたぁ~
上段はヨツバシオガマ、中段左は宝剣岳。
下段はイワツメクサ(^^)
1069209_476628445765091_1559557128_n.jpg


千畳敷遊歩道にて。
可愛い山ガールが写真を撮ってくださいました。
ありがとうございます(^^)
997998_476246989136570_1341394332_n.jpg


千畳敷に咲く可憐なお花と剣ヶ池。
上段は遊歩道から見下ろした剣ヶ池。
下段は剣ヶ池の水面に映るホテル千畳敷。
ピンクのお花はコイワカガミ、黄色いのはシナノキンバイかな?
1069900_476618832432719_193413489_n.jpg


これはちょっとしたオマケ(^^)
帰路に立ち寄ったパーキングエリアにいたツバメの親子。
健やかに育ちますように
65211_476970752397527_1604740383_n.jpg


今回の山ではニューアイテムをたくさん着用しております(^^)
インナーの全て、レギンス、靴下、キャップetc
最近は山用タイツやレギンスが充実しているので、
大昔(20年前)に購入したニッカボッカが使えるようになりました。
ニッカボッカに長靴下が登山の定番スタイルでしたが、
今はおしゃれなレギンスにニッカボッカです(*^^)v
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪


[READ MORE...]
ただいま☆テント泊の練習中♪
2013年07月12日 (金) | 編集 |
テント泊って大変だよな~(-_-;)

血液型診断などで何故かA型判定される私だが、
実はれっきとしたB型なのである。
それは・・・・ザックのパッキングの仕方を見れば判る
とにかくパッキングは下手くそ
一度出してしまうと何故か入らないなどよくある事なのだぁ~
これがベテランの方たちになるとスゴイのよねぇ~。
本当に綺麗にパッキングしてあるし、左右上下のバランスも絶妙
同じ重量でもパッキングによっては、かなり負担が軽減されるとか

コレではいけない
もうすぐ3泊4日のテント泊に挑戦するのだから、
パッキングの工夫と、この面倒くさがりな性格を矯正せねば
入ればいいというその場しのぎのパッキングからは卒業しないとねぇ~。

ということで、昨晩急にテントとシュラフとツェルトを
収納袋から出してみた・・・・・部屋の中がぐちゃぐちゃになった・・・・
家の中でテントの設営をしようと思ったけど、
テントが大き過ぎて断念・・・・週末に外で設営してみよっ
そして大変だったのはお片付け
私はテントのたたみ方ひとつ知らなかったのだ・・・・。
スマホさま片手にネットで調べてたたむ。
シュラフも手ごわかった。
ヒザでシュラフを押さえつけながら、空気を抜いて何とか収納
こんな事では実際のテント泊で同行者に迷惑を掛ける・・・・
なので当日までひたすら練習だな・・・・。
モノをきちんと手早く収納できるように頑張ります

ツェルト設営の練習もしないとね。
私もツェルトは持っているんだけど、お借りするツェルトの方が優れモノ
お借りするモノをきちんと扱えるようにしておく意味で、
手持ちのツェルトでひたすら設営練習をば
あっ因みにツェルトというのは簡易テントのこと。

夏は少しだけ早く起きて、ニャンズのお散歩にお付き合い
みんにゃ、朝の涼しいうちのお散歩が大好き
今朝は茶々がセミさんをゲットしていました
いつの間にか蝉時雨で起床する季節となりました。
写真は日の光に輝くトマ嬢です
971342_475238945904041_188347483_n.jpg



週末にテント設営の練習をしたら、写真を撮ってブログにアップしますね
日曜日の木曽駒も天気が良かったら写真を載せます
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

セールの時期は・・・・
2013年07月11日 (木) | 編集 |
セールの時期は
縦走している方が多いようです


7月から山ショップもセールを始めるところが多い。
なので山仲間は山ショップを何軒もハシゴする・・・・らしい。
コレを私たちは山ショップの縦走と呼んでいる(笑)
因みに私はあまり縦走をしない。
基本めんどうくさがりだし、適合サイズがなかなかないせいもある。
おかげで無駄遣いをせずに済んでいるのだが、
今年はいろいろと購入せざるを得なかった・・・・。
まあ平たく言えば、経年劣化したインナーの買い替えです
昨日も某百貨店の某ショップにて、
スポーツブラ&ショーツをば購入して参りました。
セール中だけどセール対象外です^^;
インナーは大切だから、コレは致し方ない出費です。
因みにこのショップのKさんがお気に入りで、
いつも彼女に接客してもらいます
昨日も来シーズンのマラソン大会について
たくさんお話ししてきました

さて、今日も山ショップに行ってきます(^^)
テント泊をするかもしれないので、必要なモノの下見をね・・・・。
週末の木曽駒は、テントとシュラフを担いで歩荷訓練です。
コレで無理なようだったら、私は一人小屋泊にします。
お金は掛かりますが、パーティーに迷惑は掛けられないですからね。
と、思っていたのですが、仲間がツェルトを貸してくださることに
ツェルトなら何とかなりそうなので頑張ります
重さはテントの2分の1になりますから。
そう言えば購入以来テント設営の練習をしていなかったから、
週末自宅でやってみようかなぁ~。

コレは太郎平小屋の幕営地です。
テント泊には憧れますが、私の歩荷能力の低さではね・・・・(-_-;)
実はテントもシュラフも災害対策でゲットしただけで、
山で使う予定はなかったのです
2011_0726薬師岳0056


山ショップの縦走はしませんが、山の縦走は大好きです
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村

こちらのランキングもヨロシクね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。