ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かかりつけのお医者さんに
2010年01月29日 (金) | 編集 |
かかりつけのお医者さんに行ってきました。

特に病気というわけではなく、
いつも処方されている頭痛薬をいただいてきました。
漢方薬が2種類です。4週間分だからすごい量でした。

それと今日は胃薬が1週間分、
こちらから言うまでもなく先生に指摘された・・・・
『胃の調子悪いみたいだねぇ~』
お医者さんだから当たり前なのかもしれないけど、
やっぱりスゴイ!と思う。

現在私の舌には口内炎が出来ている。
この口内炎が治るまで、私の不調は続くんだろうなぁ~。
今回のスランプは長いみたい・・・・。

精神的な疲労が身体症状に出てしまっている私・・・・。
精神の疲労は免疫力の低下となり、何らかの身体症状となって表れます。
最近つくづくメンタルヘルスの重要性を感じております。

スポンサーサイト
だんだんと
2010年01月28日 (木) | 編集 |
最近、だんだんと淋しくなってきている。

 何が淋しくなってきているかというと、私の住んでいる町である。
私の住むマンションの隣には、長らくファミリーレストランがあった。
そのファミリーレストランがクローズした。
家から一番近いガソリンスタンドも移転した。
コンビニがまだ比較的珍しかった時代に出来た老舗のコンビニも廃業した・・・・。
その全ての場所が、空き店舗になっている。

 全国にシャッター商店街やゴーストタウンが出来つつある。
私の住む町もだんだんとそうなっているのかなぁ~。
駅から近くて便利な場所なのに、短期間に空き店舗が3つ・・・・
なんだかとても淋しい。
合格しました!
2010年01月26日 (火) | 編集 |
ののたんの訃報の後にどうかと思い、
こちらのブログでご報告するのが遅くなってしまいました。
散々ぼやきましたが、

愛玩動物飼養管理士1級に合格いたしました(^^)v

管理士になったからと言って、特に今までと何が変わるってわけではないのですが、
先日のわらびさんのコメントにもあったように、
『まずは捨てさせない!』ことを目指し、頑張りたいと思います。

身近な存在である犬や猫を幸せにできないような社会は、人もまた幸せではない、
国を管理するのは政府かもしれませんが、国を作るのは国民ひとりひとり、
国民の意識が変われば国も変わるはずです。

国に何かしてもらうのではなく、より良き社会にするために自分が何をすべきか、
自分に何が出来るのかを考えるのが、とても大切だと思うのです。

2010_01092010年初詣0033


不覚にも
2010年01月22日 (金) | 編集 |
泣いてしまいそうになりました。
多分家にいたのなら、泣いていただろうな・・・・。
大学猫SOS!さんの管理人、ねこ子さんの日記を読んでしまったから。

あの美しいののたんが虹の橋を渡った。
トマと同い年だった彼女は、残念ながら健康体ではありませんでした。
でも一生懸命生きていました。
たくさんの人が彼女を応援していました。
彼女は小さな体で頑張って生きた。
ののたん、本当にきれいな子だった。
会ったことはなかったけれど、お写真から伝わるものがあった。
トマと一緒に年齢を重ねていくものだと思っていた。

いつも思うけれど、小さな猫に本当にたくさんのことを教えてもらう。
ただひたすら懸命に生きること、それがいかに美しいことか・・・・
人はいろんなものにとらわれすぎて、時々大切なものを忘れる。

ののたん、虹の橋にはウチのマリとポンもいるから。
一緒に遊んでてね。
もう苦しいことも痛いこともないから。
ののたん、思う存分走り回れるから。

やっぱり書いてて涙が出てきちゃった。
だからこの辺でやめるね。
ちょっとスランプでした・・・・
2010年01月18日 (月) | 編集 |
実はかるーくスランプでした。

 何のスランプかって・・・・文章が書けないスランプでした・・・・。
おかげで皆さんへのコメント返しも、コメントも何となく出来ず、
ブログもちょっと放置気味でした。
土曜日の今年初の講座と、日曜日の初登りがヨカッタのか、
今日は書けそうな感じがします。

 講座は昨秋から通っている『交流分析』の第6回目、
全部で8回のコースなので、残すはあと2回・・・・
楽しい講座なので、あんまり終わって欲しくないような気がする。
同じカウンセリングの勉強でも、『産業カウンセラー』講座と比べて、
本当に分かりやすくて、とっても楽しいです。
(分かりやすいといっても、簡単ではありませんけどね)
一緒に学んでいる方たちも、とても素敵な人たちなんです。
だから終わってしまうと、あまりお会いする機会がなくなってしまうのが悲しい(T_T)

 日曜日の山は、そんなに高い山ではなく、
高さで言うとわずか325m、愛知・静岡県境の神石山です。
私は元々低山登山から始めたので、あまり高さにはこだわりません。
低くても面白い山はたくさんありますからねぇ~♪
因みに昨日の歩数は、26827歩でしたぁ~。
 私は4月の健康診断で、ある数値が引っかかり、支援対象者になっています。
半年間支援を受け、数値の改善をはかります。
万歩計を持っているのは、毎日歩数を計測する必要があるからなんです。
一応毎日8000歩を目標にしていますが、歩数は意識的に頑張らないと、
なかなか難しいですよぉ~。
車を利用しない私でも、8000歩は難しいですからね。

 取りあえず、まずはこの辺で・・・・
また記事をアップしますねぇ~♪

何が出来るのか・・・・思案中
2010年01月15日 (金) | 編集 |
 先回の記事、我ながら熱くなり過ぎ!と思った(^_^;)
もう少し冷静に淡々と書かなきゃいけないと思いつつ、思い入れが強すぎて
・・・・私はとても文章のプロになれないですね(苦笑)

 でも建設的なコメントをいただき、とても嬉しかったです。
こんな拙い文章に対して、皆さん真摯にコメントをしてくださって、
本当にありがとうございます<(_ _)> 心より感謝申し上げます。

 今の現状をいきなり変えていくのは、相当に困難です。
深夜営業や24時間営業のペットショップの全面禁止すら、
簡単にはいかないそうです。
それを言い出すと、訳の分からない筋から圧力がかかるそう。
いったいどんな筋なんでしょうね?邪悪な存在を感じます・・・・。
理想は店頭での生体販売の全面禁止ですが、そこまで持っていくには、
まだまだたくさんの時間と労力が掛かるでしょう。

 私にいったい何が出来るのか・・・・
昨年後半からずぅーっと考え続けています。
いずれ何らかの行動を起こすと思いますが、今はまだ準備段階かなぁ~。

ちょっと突っ込み不足かなぁ~
2010年01月12日 (火) | 編集 |
1/9(土)の午後10時15分より、
NHK総合テレビの『追跡A to Z』を視聴した。


なぜ繰り返される ペットの悲劇

 たくさんのブログで視聴の呼びかけもあったし、
私自身もとても興味があったので、当然のように視聴したわけであるが
・・・・ちょっと突っ込み不足かなぁ~というのが私の感想。
いろんな方がブログで書いていらっしゃるけれど、
あの内容をたった45分で語るには無理がある。
だからひとつひとつの内容が、実に中途半端に終わってしまった。
今回の放送が第1弾で、取りあえず『問題提起』を行い、
順次ひとつひとつを丁寧に掘り下げていく!という方針で作ったのかなぁ?

①24時間営業や深夜営業を行うペットショップの存在
②店頭での生体販売
③モラルのないブリーディング

 上記3点について言うなら、これが当たり前と思っている一般の方に、
問題提起をした意味はそれなりにある。
私は①~③を全て法の下に、厳しく規制して欲しいと思っている。
①と②については全面禁止すべき!というのが私の考えである。
③ブリーディングについては、諸外国並みの規制を行うべきである。
年間の繁殖回数の制限は英国並みに1回にして欲しいし、
繁殖に使われる頭数についても、放送にもあったが制限して欲しい。
ドイツではブリーダーあたり10頭の制限があるそうだ。
人気品種の犬や猫をやたら集めて、年に何回も繁殖に使用し、
終生檻の中で過ごさせる連中を、私はブリーダーと呼びたくない!!
そういう連中は一般消費者をいいカモにしているわけだが、
私はカモにされている方にも、とってもとっても問題があると思っている。
知らなかったのなら、これから知って欲しいとも思う。

 日本の法律で動物が、いまだ『モノ』扱いなのは知っている。
でも法律で『モノ』扱いだからといって、『モノ』として扱っていいのだろうか?

※この件については追記します。取りあえず今回はこの辺で。

お子ちゃまは大人気
2010年01月11日 (月) | 編集 |
トマシーナの両親には孫がいない!

四十路のトマシーナも、兄のヒロシも独身である。
結婚歴もない!したがってふたりには孫がいない。
そのせいもあるのだろうが、お子ちゃまのトマ嬢は両親に
とってもとっても可愛がられている。

母に添い寝しているトマ、何とも可愛い表情だ。
彼女は自分がとても愛されていることを、よぉ~く知っているのだ。
tomamama1.jpg

tomamama.jpg

そして父に抱っこされているトマ、キョトンとしている。
2010_01092010年初詣0030

カメラを向ければポージングしてくれる。
2010_01092010年初詣0031

 猫という生き物は、高齢者ととても相性がいいそうだ。
日本は『超高齢化社会』に突入しつつあり(もうしたんだったっけ?)、
既に独居高齢者も周囲にたくさん存在している。
私は高齢者福祉の観点からも、独居高齢者に小さな同居人と生活してもらいたいと思う。
もちろんクリアーにすべき問題もあるだろうが、そんな問題よりも得るものの方が
大きいのではないかと感じる。

 我が家の猫たちは、家族にとてもいい影響を与えてくれている。
猫がいない生活など、私は今更したくはない!!
とにかく小さな同居人がいる生活は面白いのだ。
なにかしらやらかしてくれるので、全然退屈しない。
それは父母にとってもそうなのだろうと、私は思っている。
改めて聞いてみたことはないけれど、きっとそうなのだろうと思っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。