ニャン家族が増えました!眷属4ニャンと暮らすねこまた女の徒然です。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
| Login |
2017年05月31日 (水) | 編集 |
皆様、こんにちは。トマシーナです
一昨日、ブログを再開して思ったこと。
やっぱり私は文章を書くのが好きだなって。
そして読むのも好きだなって。

ということで、大分前に買ったこの本を今朝から読み始めました。
ホリデーイン

作者の坂木司さん、数年前からかなり気に入って読んでます。
このホリデー・インは【ワーキング・ホリデー】【ウィンター・ホリデー】
スピンオフ短編集
このホリデーシリーズのジャスミンさんが大好きなんですよ
ホストクラブと不動産会社の経営者、
名前から分かるとおり、セクシャルマイノリティー(今はLGBTという呼称が一般的)。
この人の潔さというか、しっかり自己受容出来ている姿に共感しました。
セクシャルマイノリティーの方は、そういう自分を受容する過程で、
とてもしんどい思いをされていると思います。
そして、そのセクシャリティーを第三者に開示する(カミングアウト)のは、
とてつもない勇気が必要だろうなと思うのです。
そういう過程を経ているからなのでしょうか
非常に精神的に強い方が多いように思います。
今回もジャスミンさんの素敵なセリフにはシビレました
彼女が実在の人物なら、私は絶対に友人になりたいですね。
好みの男性のタイプが一緒だと困るけどね

ジャスミンさんが行きずりに面倒をみたおっさんに云ったセリフ。

素敵な靴が、素敵な場所に連れて行ってくれるなら―
新しい靴は、新しい場所にあなたを連れて行ってくれるはずよ!


ストーリーが分かっていないと、このセリフのステキさは半減するけれど、
未知の世界へ足を踏み入れようとしている人の心に、
この言葉はとても響くのではないかと思いました。
【素敵な靴は、素敵な場所へ連れて行ってくれる】というのは、
フランスのことわざと作品中に紹介されていました。
私のNEWシューズは、私をウルトラマラソンの世界へと導いてくれるでしょうか

自己受容って簡単に書いてしまいましたが、
これは非常に難しいんですよね。
誰でも自分がこうありたいという自己の姿があるんですが、
これが思うようにいかないと、メンタルに問題を抱える場合が多々あります。
自己受容は自分のダメな部分(或いはダメと思い込んでいる部分)を含めて、
自分を認めることであり、それは必ずしもとっても素敵な自分である必要はありません。
そういう自分を認められない愛せない
という方が増えている気がします。
私もなかなかダメな自分を認められなくて、苦しんだ人間のひとりです。
そして誰もが自己受容について、悩み苦しんだことがあると思っています。

余談ですが、私はアライです。
今後はそんなこともブログで発信していきたいです

にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサーサイト

2016年08月02日 (火) | 編集 |
ちょっと真面目なお話です。
最近、頭の片隅で、いつもいつも考えています。
自分にとって本気で大切なものって何だろう
この答えってどうやったら出るのでしょうね
多分答えは私が捨てようとしても捨てられなかったもの、
それがなければどうしても生きていけないようなもの、
そういうものなんだろうけれど、
この答えを明確に出来てる人ってどのくらいいるのだろうか

最近はやたら本ばかり読んでます。
宮部みゆきさんの現代もの。
主人公は中学生の男の子です。
【今夜は眠れない】はちょっと私には退屈でした。
81mmXn4vsNL.jpg

でも、続編のコチラはなかなか考えさせられました。
人の心の闇を描くことにかけて、宮部みゆきさんは天才的です
シチュエーションはリアルではない(中学生が殺人事件の真相に迫る)けれど、
事件の内容やそれに関わった人の心理描写はリアル過ぎました。
【夢にも思わない】というタイトルが表すとおり、
夢にも思わなかった知人の心の闇を知り、
主人公は少しだけおとなになります。
ほろ苦いラストです。人は傷付いて気付くということでしょうか・・・・。
413aEprHZfL__SX353_BO1,204,203,200_

もうすぐ我が家の庭のササユリが咲きそうです

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年06月21日 (火) | 編集 |
【ソロモンの偽証】を読了しました

文庫本で6冊
文庫発刊当時に購入していたにも関わらず、
2年近く放置し、ようやく読了しました。
読了した今の気持ちは、
何故もっと早く読まなかったのだろう
なのですが、この気持ちの最後につくのはなのか、
それともなのかは、私の中で判然とはしておりません。

第Ⅲ部の法廷で、私は何度も目頭が熱くなりました。
この法廷での証言は、一般の法廷での証言とは違っているように思いました。
もちろん事件の事実関係についてのやり取りもありますが、
むしろ証言を通じて、それぞれが自分の本当の気持ちを語る場だった気がします。
偽証・・・・この本で言っている嘘って、一体どういうものなんだろう
中学生だって大人だって同じ、自分が生きていくために、
知らず知らずに嘘をついています。
そうしなければ・・・・自分が生きていけないから
人って他人に対してというより、
自分に対して偽ることの方が多いのではないでしょうか

無気力で目立たない人間を装ったり、
深い心の傷と向き合わずに明るく過ごしていたり、
他人への嫌悪感を隠していたり、
他人への嫉妬心を隠していたり・・・・とにかくいろいろです。
でも、それって当たり前のことで、罪とまでは云えないと思います。
問題はその心の奥底に秘めていた気持ちが、
しばしば暴走を始めてしまうことです。

私はこの法廷での証言を見ていて、
まるでカウンセリングのようだと思いました。
自分の本当の気持ち(しかも他人には知られたくない)を、
他人に話すことは非常な苦痛を伴います。
カウンセリングもこの法廷での証言同様、
決してお手軽な癒しではない のです。
でも、自分の本当の気持ちを言語化し、
第三者にきちんと受け止めてもらうことによって、
人は自分を取り戻すことが出来る(自律的に生きられるようになる)と思うのです。
(ネットでいろいろ検索したら、やはり裁判というよりカウンセリング
と書いておられる方がたくさんいらっしゃいました)

少し面白いなぁ~と思ったのは、
この法廷で被告人となっている大出俊次少年、
彼だけは一貫して嘘を付いていないのです。
但し、彼は父親に暴力で支配されている少年なので、
逆に外では自分が父親のように暴力的になっています。
そして、被害者と目されている柏木卓也少年、
彼も一貫して嘘を付いていないのかと思ったのですが、
最後の最後で考えが変わりました。
彼は欺瞞に満ちた世界に生きていても仕方がない、
だから自ら死ぬことを選んだ・・・・ということなのかと思っていたのですが、
それはあくまでもポーズ(彼の強がり)だったのだと、
読了した今は思っています。
むしろ犠牲者と云われた彼が一番偽っていたと感じています。
そして彼の偽りが、たくさんの人を深く傷つけたのです。
彼は小さな仙人だとしばしば作中で表現されていましたが、
むしろ仙人の名に相応しいのは別の人物だと思いました。

小説を読んだ方、あるいは映画をご覧になった方にしか分からないので、
ちょっと申し訳ないのですが、私のお気に入りキャラを書いておきます。

◆野田健一少年(弁護人助手)
 裁判を通じて一番成長したのは彼なのかも。
 無気力を装っていた彼が、本来の自分を取り戻す話としても面白い。
◆竹田和利少年(陪審員長)
 高身長のバスケ部のエース。
 非常に温かい心の持ち主で人望がある。
 一時バスケ部に籍を置いていた橋田祐太郎少年の証言を聞き、
 彼が思わず云った一言が心に響いた。
◆山崎晋吾少年(廷吏)
 中学生ながら、既に心構えは武道家。空手の有段者。
 無口だがきちんと人の心の動きを観ている。
 礼儀正しく頼もしい。そして、人に対する労りの心を持つ。
 小説には彼の独白部分があり、非常に秀逸な章だった。
 映画ではこの役を私の知人の息子さんが演じられたことを、
 つい最近知りました

柏木卓也少年は、普通である勇気がなかった気がしています。
特別でなければならないという妄執に囚われていたのかな
柏木卓也の兄 宏之が最後の方で、卓也という呪縛から解き放たれる場面があります。
そこで彼が自分は特別でなくていいと、述べているのが象徴的ですね。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年06月14日 (火) | 編集 |
久し振りに夜中まで本を読んでしまった・・・・。

週末の疲れ(後日詳述する予定)もあったのに、
月曜日から夜更かしして本を読むなんて、
我ながらお馬鹿さんだなぁ~って思う。
でも、本はある程度勢いで読まないと、
また読まないまま放置してしまうと思ったのだ。
この本は間違いなく面白いし、
読んだ後いろいろ考えさせられそうだ
だから今回はきちんと読了したかったのだ。
前回はこの2巻目で挫折したはずだったから・・・・。
挫折した理由は・・・・読んでいるうちに思い出した。
2巻で出てきた茂木という取材記者にイラッと来たから
でも、今回はこの人物にイラッとする
自分の心の動きを観察する余裕があった。
なので2巻目を一気に読了することが出来た。
茂木という人物は非常に不愉快である。
彼は正義の味方(或いは虐げられた弱者の味方)を気取っている。
でも、やっていることは・・・・
大衆が喜びそうなスケープゴードを上手に嗅ぎ分けて、
散々煽って血祭りにあげているだけ・・・・という気がした。
私はこういう人物を知っている。
その人物に散々な目に遭わされた覚えがあったから、
この茂木という人物が不快で仕方がなかったのだろう。

この2巻目は読んでいて気分は良くない。
人の悪意をこれでもかというくらいに示されるので、
精神状態が悪いとちょっと抑うつ的な気分に陥る。
【ソロモンの偽証】は三部構成になっており、
文庫の1・2巻は第一部 事件である。
1巻は起承転結の起で事件のガイドラインが語られる。
この2巻は承という感じを受けた。
この承の部分がこの本で一番読みづらいかも。
少々冗長にすら感じられたから。
でも、ココこそが大切なのかもしれないとも思った。
51I9zzECCAL__SX349_BO1,204,203,200_

3・4巻の第二部 決意を読み始めたが、
この3巻は間違いたく転だなと思った。
今まで受動的だった中学生たちが自主的に動き出す。
この転でヒロインの藤野涼子ちゃんは、多分たくさんのことに気付く。
というか彼女は既にいろいろと気が付いている。
618uurwytKL__SX352_BO1,204,203,200_

この本を読んでいて、自分の中学時代に思いを馳せていた。
あの頃、私には本当の友人はいただろうか
私はどういう括りの生徒だったのだろうか
私は優等生でもなく、劣等生でもなかった。
教師に好かれる生徒ではなく、むしろ嫌われる生徒だった気がする。
(この本にある若い女性教諭が出てくるけど、彼女は間違いなく私が嫌いだろうね)
容姿端麗な美少女ではなく、太ってブサイクな子だった。
部活動からはサッサとドロップアウトしていた。
私は学校という息苦しい場が大嫌いだった。
あの頃の私がこの本の登場人物だったなら、
どういう位置づけの生徒だったのだろう・・・・そんなことを考えてしまった。

中学時代というのは、学校の占めるウエイトがあまりにも大きい。
だからこそ、そこでの位置づけが重要になるし、
意に添わない括り方をされると、必要以上に苦しむことになる。
その苦しみが、後々まで尾を引くようなこともあると思う。
そんな事を考えながら、私はこの本の読み続けている。

日曜日はある講演会のために、大阪まで行っておりました。
これは会場近くの公園で撮影した写真です。
私は道を撮影するのが好きなんですよね
道は異世界へと続いているものだからかな
未知の世界への恐れもあるけれど、そこは素晴らしいところかもしれない。
思い詰めると、どうしても思考は硬直化する。
硬直化すると身動きが取れなくなったり、厭世的になったりもする。
でも、道は続いているのだし、曲がり角の先にあるものは、
取り敢えず歩き出さないと分からない。
ちょっと先走り過ぎかもしれないけれど、
そもそもこの本は、柏木卓也という生徒の転落死から始まる。
おそらく自殺なのだろうが、彼は何故死を選んだのだろうか
彼は道の先にあるものなど、見る価値もないと断定していた
のではないだろうかでも、そこまで行かなければ、本当は何も分からない。
しんどい思いをしたとしても、そこまで行かなければ分からないのだ。
13450766_1058772894217307_8193045611535063393_n.jpg

宮部みゆきさんのおかげで、しばらく寝不足になりそうです

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年05月19日 (木) | 編集 |
買っただけで忘れていました

51BfXK0aynL__SX349_BO1,204,203,200_

多分、この本を買ったのは赤毛のアン展
だから2年以上忘れ果てていたということになる
先日、某SNSで友人の質問にこう応じた私。

因みに私は面白そうだと思ったら取り敢えず本を買います。
そのまま結局読まない本もたくさんあります。
昔からの読書スタイルです。
無駄な出費をしないようにするなら図書館を活用するのがいいと思いますが、
私は本をある期日までに読むってのが苦手というか嫌いで、
結局図書館には行かなくなってしまいます(^O^;)


自分のお気に入りを見つけようと思ったら、
ある程度数を打つ必要はあるかなぁ~。
私の場合、喫茶店なんかもそうなんですが、
とにかく気になったら入ります
ネットでの評判は案外当てにならないことも多いです。
結局は嗜好の問題ですからね~。

さて、この【アンの想い出の日々】ですが、
あのアンシリーズの最終巻になります。
アンシリーズの最終巻は【アンの娘リラ】だと思っていましたが、
違ったんですねぇ~。
アン誕生100周年を記念して2008年に本国で刊行され、
日本では2012年に訳出されたようです。
翻訳はあの村岡花子さんのお孫さんである、村岡美枝さんです
上巻の第一話を読み終えましたが、さすがはモンゴメリと思いました。
彼女の人に対する洞察力には脱帽ですね。
第一話は極めて現代的な病が描かれていたのです。
今だったら◯◯障害という病名でしょうね。
現代的な病と思っていたけれど、案外昔から症例はあったのかも・・・・。
最近アンシリーズを読み返していなかったけれど、
久々に【赤毛のアン】から読んでみようと思いました。

で、この本を読んでいることを某SNSに書きましたら、
友人のAさんがこちらの本を教えて下さいました
面白そうなので、早速入手したいと思います
同じくアン誕生100周年を記念して、本国で出版された本です。
モンゴメリによる著作ではありませんが、
グリーンゲイブルズに来る以前のアンの物語だそうです。
510A82Ghp5L__SX298_BO1,204,203,200_

しかし、私の持っていたアンシリーズ・・・・どこにあるかなぁ~
私のアンシリーズは村岡花子さん訳の新潮文庫だけではなく、
一部が旺文社文庫、一部が角川文庫でした。
訳者が違いますので、ちょっとずつ味わいが違いましたね
そういう違いも今ならもっと楽しめるかもしれないです
角川文庫版は中村佐喜子さん、旺文社文庫版は 神山妙子さん訳でした。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年05月05日 (木) | 編集 |
アクティヴなゴールデンウィークにする積りだった・・・・。

だけど疲れを感じたので、久々に引きこもってみた。
元々私はアクティヴな人間ではない。
アウトドア人間でも実はない。
驚かれるんだけど、これは紛れもない事実
好きな休日の過ごし方は、ニャンズとまったりしながら、
珈琲を飲みつつ読書することだから
で、先日に引き続いて宮部みゆきさんの本を読んだ。
先日の本より読後感は爽やかだった。
ほろ苦さはあるんだけど、辛くてやり切れないのではなく、
なんとなーく心の中の柔らかな部分が刺激された。
嗚呼、この感覚を私は知っている。
懐かしさに胸がいっぱいになる。

そういうお話だった。

51xYJgOI03L.jpg

小説の終わりの方にちょっとばかし痛快な箇所があった。
主人公の花菱英一くん(高校生)が啖呵を切る場面。
彼の母をかつて責めたてた親戚連中に、彼は一矢報いるのだ。
それを読みつつ、私も自分の放たれなかった思いについて考えた。
私も英一くんのように思いを口にしなければならなかったんだよなぁ~って。
私は貴方たちに腹を立てていました。
私は貴方たちを許せないと思いました。


この小説に続編はない。
でも、続編があったら読んでみたいなぁ~。
この小説の登場人物はみんな魅力的だったから
彼らのその後が気になったのは、きっと私だけじゃないと思う

明日は出勤日です。
そして歯医者さんの日でもあります

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2016年04月25日 (月) | 編集 |
久々に本をほぼ一気読みした。
さすがは宮部みゆきさんという内容だったけど、
この小説のカスタマーズレビューの評価は低い。
51VhZezd-6L.jpg

後味の悪い結末だったからねぇ~・・・・。
ネタバレになってしまうけれど、主人公は最後に離婚するんですよね。
それも相手のかなり身勝手な(私にはそう思えた)理由で。
離婚により、彼はある意味(大企業会長の娘婿という立場から)解き放たれた。
でも、ああいう経緯で解き放たれてもねぇ~・・・・。

私はシリーズを通じて、主人公の奥方に一度も共感出来なかった。
何というのか生活感が無さ過ぎたし、あまりにも浮世離れしていたから。
なんて言ったらいいのかな・・・・おとぎの国に生きてるみたいな感じがしたんですよ。
そう現実を生きていない人だった気がする。
その彼女が現実を生きようとし始めたってことかな
このシリーズにはまだ続きがあるから、その続きで見えてくるのかもしれない。

さて、おとぎの国ならぬ現実を生きている私は、いろいろと大変
取り敢えず冷蔵庫が壊れたので、何とかしなくてはいけない。
日曜日に冷蔵庫を物色に行ったら、今は大容量の冷蔵庫ばかりなんですね。
300リッター台でスリムタイプ、尚且つ左開きが欲しいんですが、
なかなか条件に見合うものがなくて、結局買わずじまいでした
美味しいビールはしばしお預けです。

この土日は本も読了したし、念願の某場所にも行けたし、
何と2年ぶりにあることもやってきました。
それらについては、また次の記事にて

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2015年07月06日 (月) | 編集 |
ブログ友だちが本を出版しました
なので宣伝しちゃいまぁ~す


時々拙ブログにコメントをくださる、
在宅介護しながらウィーンへ行くブログ 猫とビターチョコレート
だださんが【きょうだい介護おやこ介護】を出版されました。
紙の本はなく、Kindle版の電子書籍のみだそうです。
だださんの本が読みたくて、私も初電子書籍です(笑)
ドキドキしながらKindleアプリをダウンロードした小心者です(笑)
41Q4RkGaaLL__AA324_PIkin4,BottomRight,-60,22_AA346_SH20_OU09_

この週末にゆっくり読む積りです。
だださんは私が介護を始めた時からのお友だち、
いつか必ず会いたいお友だちです
ステキなお友だちを自慢したいので宣伝でした
たくさんの方々に読んで欲しいなぁ~

明日は七夕
天気がいいと嬉しいなぁ~。
茶々丸、明日で5歳になります
にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ